2021.09.01

石の展示会延期と、初めての試み/

こんにちは。
残暑と言いますが、京都は猛暑です・・・。
光の色は徐々に黄色くなっていますが・・・まだまだ暑いですね。

今日は、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」からのお知らせです。

コロナが始まる前の2019年。
「beautiful stone」様とのコラボ企画
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会」を開催しました。

その時のコラムはこちら→「無事に終えることが出来ました」

ありがたい事に「楽しかった」というお声を多数頂戴し
「これは毎年続けていこうね!」と話していた矢先に起こったコロナ。

結局、去年は開催出来ず
今年も、本当は9月に開催するつもりだったのですが
涙をのんで延期を決断いたしました。

こういう生活が続くと、心が荒れます。
心が荒れると視野が狭くなり、余裕がなくなります。
「美しいもの」は、そういった荒んだ心によく効くのですが
今は、皆様に見ていただく事すら難しい状況です。

そこで今回「beautiful stone」様と相談を重ね
初の試みをする事になりました。

詳しくは「beautiful stone」様のHPをご覧下さい。
「関西圏限定特別特典企画」

この企画に伴い、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」も少しですがお手伝いをさせていただきます。
この企画の期間中に「beautiful stone」様で石を購入されたお客様が
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」で、ジュエリーへのお仕立てを依頼して下さった場合
お仕立て代を、10%offさせていただきます。

「beautiful stone」様の所で石を購入された時に、特典のクーポンがもらえますので
そのクーポンをご提示下さい。
クーポンの期間は、来年2022年1月末日まで有効です。

クーポンがあれば、「beautiful stone」様から購入した石でなくても、10%offは可能です。

ご自身の大切な石達が
「こんな指輪になる」
「こんなネックレスになる」
「あ!そんなものにもできるの!?」・・・
みたいな想像をするだけでも、気持ちが楽しくなるのではないでしょうか?

沢山の人を集める事は出来ませんが、一人一人とお話をさせていただく事は出来ます。
キラキラを心から愛する店主と、「こんなジュエリーになるかなー」みたいな
雑談を楽しんでいただければと思います(笑)。

ちなみに、コラムの写真は、まだ「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のHPに出していないシンプルラインです。
石好きさん達の為のラインになる予定です。

早く展示会ができる日常になって欲しいですね。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」はしぶとく静かに頑張ります。

2021.08.01

4本揃いました!/

こんにちは。
京都も夏本番ですね。
これから約1ヶ月、京都は自然と人との我慢比べです(笑)。
何かと不安定な日が続きますが、健康に乗り切りたいものですね。

今日は、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の「螺旋の指輪」シリーズが4本揃ったので
一度まとめて見て頂きたくて、コラムを書きました。

<螺旋の指輪>
螺旋の指輪の初代です。
18金イエローゴールドに、カラーサファイアとダイヤモンド
更にブルーサファイアでアクセントをつけています。


<螺旋の指輪 ー水明ー>
18金イエローゴールドに、ダイヤモンドを留めたリングです。
涼やかでシンプルですが、ダイヤモンドがしっかりと存在感を出してくれます。


<螺旋の指輪 ー淡藤ー>
18金シャンパンゴールドに、タンザナイトを留めました。
淡いタンザナイトと落ち着いたシャンパンゴールドの組み合わせが
とても優しい雰囲気です。


<螺旋の指輪 ー紅と漆黒ー>
18金ピンクゴールドに、ルビーとブラックダイヤモンドを留めました。
赤と黒がぶつかり合う、激しいイメージの指輪になりました。

金や石の色で、こんなにもイメージが変わるのはとても面白いですね。


水明淡藤の重ね付け


水明螺旋の指輪の重ね付け


こちらは、両方とも淡藤紅と漆黒の重ね付けです。
着ける角度で、ここまで雰囲気が変わるのは面白いですね。


こちらも、両方とも紅と漆黒螺旋の指輪を重ね付けしたものです。
まるで、それぞれ違うリングを重ね付けしているように見えますね。

この指輪達は、一粒づつ、石を顕微鏡で覗きながら職人が留めてくれました。
石の面を、このねじれていく金属の面に沿わせてて留めていかないと
流れるような滑らかな雰囲気にはならないのです。

小さな物に、一生懸命技術と時間を込める。
それはその先に、手にとって下さるであろう、お客様達の笑顔の為に他なりません。

ジュエリーを楽しまれる時、そんな職人さん達の思いも感じていただけると嬉しいです。

2021.06.11

GIGA「企む(たくらむ)」が違う表情になりました。/

こんにちは。
昨日まで梅雨とは思えない暑さでしたね。

今日は、セミオーダーのご紹介をさせて頂きたいと思います。
今まで「セミオーダー」の枠をどう使えば良いのかよく分かっていませんでした(笑)。
これからは、こちらにもあげていけたらと思っています。


こちらが「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の通常商品
「GIGA」シリーズ「企む(たくらむ)」です。

この作品を、いたく気に入って下さったのがBeautiful Stone様でした。

Beautiful Stone様と言えば、一昨年店舗で開催した
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会」の共同主催者さんです。
詳しくはこちらのコラムをどうぞ。
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会を開きます」
「無事に終えることができました」

去年は、コロナのせいで中止を余儀なくされ。
東京に、石の買い付けにも行けず寂しく悔しい日々を送っておりましたが
Beautiful Stone様とは、常に連絡を取り合っておりました。

そんな中でのこちらのオーダー。
とても嬉しかったです。


今回、Beautiful Stone様から秘蔵のモンタナサファイアをお預かりし
「企む」の杖の上に留めました。


綺麗なモンタナサファイアです。


他の写真では分かりにくいのですが、この「企む」は「黒うさぎ」の方です。
ルテニウムというメッキをかけて、艶々の黒色に仕上げています。
今回は、できるだけモンタナサファイアの色味を強調したかったので
「黒うさぎ」の方を提案させていただきました。


そして、このマント部分。
通常はブラックキュービックジルコニアなのですが
石をこよなく愛しておられるBeautiful Stone様ですので(笑)。
今回はブラックスピネルを入れてみました。

これが大成功!
キラキラ光って、モンタナサファイアとの相性も最高です。
自分で言うのもなんですが、大満足の出来になりました。


こちらが裏側です。
裏の細かい造形は、通常の「GIGA」シリーズ「企む(たくらむ)」と一緒。
ペンダントトップとしても、ブローチとしてもお使いいただけるので


こんな感じで、服に合わせて色々な使い方を楽しんでいただけます。

Beautiful Stone様が、HPにもあげて下さっているので是非ご覧下さい
GIGAシリーズ 企む(たくらむ)
こちらにはお値段も載っていますので、オーダーの際の目安にしていただければと思います。

作り手側としては、GIGAなどは本当に自由の利くデザインで
杖の上の石を差し替えたり、マントの石を変更したり、地金そのものも
金やプラチナに変えることができるのですが
そういう事はこちらがもっと積極的に発信しないと、お客様には伝わらないなと再確認しました。
Beautiful Stone様にも「〇〇もできるの!?」て色々聞かれたし(笑)。

もしご自身でお持ちの石を、留めたいと思う方がいらっしゃれば
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」まで、どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいね。
ラウンドでもオーバルでもマーキスでも、何でもお作りできますので。

いつもポジティブで、のろまな私をぐいぐい引っ張って下さるBeautiful Stone様
本当にありがとうございます!

2021.05.04

かんざし -鶴と華ー/

こんにちは。
コラムが長い間滞ってましたね。
今日は、前回紹介させていただいた「かんざしー鶴と華ー」について 少しお話ししたいと思います。

実は、今回の「かんざしー鶴と華ー」の原型を作ったのは、去年の緊急事態宣言の最中でした。

コンスタントに続いていたお客様が途絶え
追われるように仕事をしていた状況から、ストンと抜けたような感じの中
「今まで、作りたかったけど作れなかった、凝った物を製作してみよう」
と思い立ちました。

デザイン画を描いて
ワックスを削りました。

ちまちまと、外出自粛・店舗完全予約制の中ずっと彫っていた事を思い出します。
ワックスが何とか仕上がって、でも自分が思っていた感じではなくて。
その時、職人さんが
「原型にする時に胴体と羽を切り離せばいい。そして金属になった時にまたくっつければいい。
そうすれば、鶴にもっと動きが出るよ。」
と助言をくれました。

私自身では、そんな芸当はとても出来ないので渋っていたのですが
サクサクと胴体と羽を切り離され(笑)、原型になり、銀になったものを
「結構難しいなあ(私の心の声:いやほんまに難しいですよ)」と言いながら
造作もなくくっつけてくれた職人さんの技術を見た時に
私の表現は、自分1人では絶対に完成しないのだと思いました。

この鶴は、日本に古来からある「家紋」の「鶴」からインスパイアされた形になっています。
「鶴」は「延命長寿」を表すシンボルで、昔から日本で親しまれていた形です。

家紋の「鶴」

そして、鶴の下にぶら下げた「華真珠」
これは、ずっと前にコラムでも詳しく書きましたので、よければご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓
「華真珠について」

こちらも、日本の職人さんが技術と熟考を重ねて生み出された逸品です。
最近は、類似品もちらほら見かけるようになりましたが
私は、この「華真珠」というブランドを立ち上げられた「小松ダイヤモンド工業所」さんから
ずっと買い付けていきたいと思います。

発表から、1年経ってしまった作品ですが
この鬱々とした雰囲気の時代に、少しでも安らぎを与えてくれれば、こんな嬉しい事はありません。

2021.03.03

大切な友達が運んでくれた「小さな絵の展覧会」シリーズ/

こんにちは。
今日は、前回発表しました「小さな絵の展覧会」シリーズについて
少しお話をしたいと思います。

先日、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」から出た新作
「小さな絵の展覧会」シリーズ「庭園の午睡(ひるね)」
これは、元々は私がひねり出した案ではありませんでした。

私には大切なお友達がいます。
「KAKERA KNIT(カケラニット)」というニット商品の
デザイン・製作をされているタカさん。

今は新潟を本拠地にされているのですが
ふらっと京都に現れては、新潟の新米を私の家の前に置いていったり
おかきの袋をくれたり(笑)。
正に風のような人なのです。

そんな彼が、世界中を巡って受けたインスピレーションから紡ぎ出すニットの数々が
本当に美しい色合いばかりで。
私はずっと、彼の感性の鋭さと、感受性の豊かさに憧れていました。

その日もふらりとお店に現れたタカさん。


「誉ノ錺(ほまれノかざり)」では、お店でこんな風に石達を飾っているのですが
彼はそれを、興味深げに眺めてこう仰いました。
「どれも綺麗やなあ。小さい絵の展覧会みたいにして並べたらええのに」と。

それが「小さな絵の展覧会」シリーズの始まりでした。
「タカさん。その考えちょうだい!」と叫んだ事を、今もよく覚えています(笑)。

ずっと、私を魅了して来た宝物のような石達。
でもそのままの美しさだけでは物足りず
石達を、もっと引き立てるようなデザインにしたいと考えていたのですが
明確な答えは出せずにいました。

タカさんの言葉で、石達の模様を更に引き立てる「額縁」を作ろうと思い付きました。

このシリーズは、基本、石は全て一点ものです。
今回の石は「苔入り水晶」という石ですが
これからも不思議な絵のような石達を、沢山紹介していけたらと思います。

お買い上げいただいたお客様には、それぞれの石の大きさに合わせて制作した
小さなイーゼルも、一緒にプレゼントさせていただきます。

そのまま眺めて楽しんで頂いても良いですし
指輪やネックレス、ブレスレットやブローチなどへの加工も承らせていただきます。

石を引き立てながらも、でしゃばりすぎないデザインを考えるのはなかなか難しい事です。
でも、石を引き立てられる新しいデザインの在り方を、自分なりに探ってみたいと思います。

これからも「小さな絵の展覧会」シリーズをよろしくお願いいたします。

そしてタカさん、また会った時に素敵な旅の話を聞かせてね。
いつも楽しませてくれてありがとう。

2021.02.18

「DESIGN WEEK KYOTO 京烏」に参加させていただきます/

こんにちは。
寒くなったり暑くなったりややこしい季節ですね。

今日は、久しぶりのイベントのお知らせです。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のある京都では、毎年面白いイベントが開催されています。
その名も「DESIGN WEEK KYOTO」
京都の企業や職人さん達が、その期間中、アトリエや工房を解放して
それぞれのお仕事を一般の方に知ってもらうイベントです。

「DESIGN WEEK KYOTO」のHPはコチラです→「DESIGN WEEK KYOTO」

今回「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、松原通にある
「京都金物卸し 河長」さんからお誘いを受けて
「レンタルギャラリースペース 京烏」で出張ジュエリー相談をさせて頂く事になりました。

「DESIGN WEEK KYOTO 京烏」の詳しい内容はコチラ→「京烏合同展」

私の在廊日は
2月23日 12時〜17時まで
2月27日 12時〜16時まで
です。

サイズ直しや新品加工のご相談、その他リフォームなど
ジュエリーに関する事なら何でも、ご相談を承りたいと思います。
秘蔵の石達もこっそり連れて行こうかなと目論んでいます(笑)。

そして、京烏ではこの期間、松原通やその近辺で活動されている職人さん達が
制作している物を展示しています。
さらに私が在廊している日には、出張のコーヒー販売も行われるそうです。
よかったら、お散歩がてらに遊びに来て頂けると嬉しいです。

また「DESIGN WEEK KYOTO」の、もう1つの目的として
「なかなか日頃は会えない、職人さん同士の交流を深める。」
というものがあります。

・ジュエリー職人とはどういった仕事なのか
・どんな工具を作っているのか
・オーダーメイドの流れ
など、何でもお答えさせていただきますので、興味のある職人さん達は
在廊中会いに来てもらえたら嬉しいです!

また、来週はこのイベント参加に伴って「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の店舗は
ご予約優先とさせていただきます。

「レンタルギャラリースペース 京烏」アクセス→

皆様にお会いできる事、心から楽しみにしています。

2021.02.02

難しいフルエタニティリングの修理/

こんにちは!
今日はとても難しいフルエタニティリングのサイズ直しをご紹介したいと思います。

いつも思うのは「修理は作りを熟知していないとできない」という事です。
今回もとても難しいお修理で、例えば、私がこの修理の流れを知ったからと言って
出来るわけではありません。
職人さんが長年培われた技術と勘に感謝しながら、紹介していきたいと思います。


お預かりしたのは、この指輪。
某有名ブランドのフルエタニティリングです。
「フルエタニティリング」とは、一周ぐるりと石が留まっている指輪の事。
ご購入されたブランドでは「サイズ直しが出来ない」とお断りされたそうです。

2回ほどしか使っていないのに、サイズが合わなくなってしまったとお困りのご様子。
どうしても使いたいとのご要望でしたので、お受けすることにしました。



ぎっしりと石が留まっていますね。
側面も、つるんとした平坦な形ではなく凹凸があります。
石の裏側も、綺麗な四角に成形されていました。

素材はホワイトゴールドにダイヤモンドです。
サイズを2号大きくします。
サイズ直しの流れとしてはいつもと変わりません。

・糸のこを入れる箇所のダイヤモンドを外して
・糸のこで切って、地金を挟んでろう付けして
・形を整えた後に、ダイヤを留め直す

この工程全てに、今回は細心の注意を払います。


まずは、すり板の形をこのように削りました。
今回の修理用のすり板です。
石を外すにしても、糸のこで切るにしても、出来るだけブレを減らさないといけないのです。
切り口がぶれたり、石外しの時に指輪が動いたりすると後の作業に大きな負担がかかってきます。


こんな感じで配置します。


石を3粒ずつ外しました。
なぜ3粒外したかは、後からの工程で分かります。


糸のこで、空いた石座のど真ん中を切断しました。
見てるだけで恐ろしいです(笑)。


次に、切り離した指輪のサイズを、少しずつ広げていきます。
全体をゴム槌で軽く軽く叩きます。
急に広げると、石が割れたり指輪にひびが入ったりします。
ゆっくりゆっくり叩いていきます。


無事に、欲しいサイズまで広げられました。


このように地金を挟み


ろう付けをしました。


ロウがしっかりまわっているのが見えると思います。

ろう付けとは、ご存知の通り火をあてる事です。
もちろんダイヤモンドを痛めるリスクがあるので、石を最初から多めに外しました。
火がもろにあたる石は、出来るだけ減らさなければならないからです。

それでもリスクゼロという訳にはいきません。
出来るだけ早く火を通して、ロウが溶けた瞬時に火を指輪から離す。
この時に、指輪の切り口がガタガタだと、ろう付けもスムーズにはいきません。
今回は、全ての行程を手早く綺麗にしないといけないのです。


指輪に挟んだ地金を、ヤスリで成形していきます。


様々なヤスリで、形を整えて・・・


綺麗に指輪に馴染んでくれました。


次に石座を作っていきます。
今回は、ダイヤモンド2個分広がったので、アタリの穴を空けます。


ここからは、細かい作業になるので、顕微鏡の出番です。


アタリで付けた穴を大きく広げて・・・


溝を作って、周りの彫り留めと同じ石座を成形します。


裏側も、周りと同じような四角に成形します。
本当に顕微鏡さまさまですね(笑)。


石が留まりました。


指にはめてみました。
まだメッキをしていないので、地金の色が分かれていますね。
最後に仕上げ磨きをします。


メッキをかけて完成です!


指輪の中で一箇所だけ横長な六角形ができましたが、それ以外は見ても分からないと思います。

お客様には大変喜んでいただき、私達もほっとしました。

ブランドにもよると思うのですが
ブランド品は、元のブランド以外の業者で手を入れた場合
そのブランドとして買い取ってもらえなくなったり
元のブランドが修理してくれなくなったりする事があります。
ブランド品の修理をお考えの方は、その旨をご了承の上頼まれた方が良いと思います。

一番良いのは、販売したブランドが責任を持って、メンテナンスをする事だと思うのですが。
大きなブランドになると、そこまで手が回らないのでしょうか。

これからも、お客様が困った時の受け皿のようなブランドでありたいと思います。

2021.01.17

エンゲージリングと仲良しなお客様/

こんにちは!
年明け最初のご紹介は、「エメラルドとダイヤモンドのエンゲージリング」です。

このお客様は、旦那様と2人でご来店下さいました。
「色々とエンゲージリングを見てみたけれど、いまいちピンと来ない。」との事。
確かに最近販売されている中で「エンゲージリング」と括ってしまうと
デザインは限られてしまう事が多いようですね。

個人的には、せっかく一生に一度の事なのだから、思いっきり自分好みのものを
見つけた方が良いと思うのですが。
大手は冒険したデザインを販売したがらないのでしょうね。

そんな自分好みの指輪を見つけたいお客様。
こちらもぐっと気合を入れて、お客様の好みを探ります。

お客様の好きな色、形。
逆に嫌いな色、形、モチーフなどなど。
お話を進めていくと、少しずつですがお客様の欲しい形が見えてきます。
一旦お時間をいただいて、2週間後にまたご来店いただきました。

何点かのデザイン画を見てもらい・・・
「わあ!どのデザインにしようか迷うー!!!」
と、無事に仰っていただけました。デザイナー冥利に尽きますね・・。
この瞬間は、本当に腰が抜けるぐらい嬉しいです(笑)。

今回のお客様は、濃いめの緑がお好きだと言う事で、エメラルドを使用。
ハートやリボンなどの、いわゆる「甘め」な形は好きではないという事だったので
石に四角を使ったり、ひし形でデザインの中心を構成したりしてみました。

そしてこちらが完成品の写真達です。

完成品は、幾何学模様のようで、でもアンティークのような暖かみもある指輪に仕上がってくれたと思います。
詳しくは、ぜひコチラからご覧ください→「エメラルドとダイヤモンドのエンゲージリング」

そして、今回すごく感じたのは、お二人の仲睦まじさ。

途中で、一度お客様お一人でご来店されたのですが
お話の端々に、旦那様の存在が感じられて。
旦那様はいらっしゃらないのに、まるで一緒にご来店されているような気持ちになりました。

完成した指輪を取りに来られた時も、もちろんご一緒に。
指輪をはめて、嬉しそうな奥様を見つめる、嬉しそうな旦那様。
そして幸せそうなお二人のこの笑顔!!

良いですねえ・・・心が嬉しくてぎゅっとなりました(笑)。

最近は何かとギスギスした話題が多いですが
みんな、もっと仲良しである事にパワーを注いだ方が良いと思います。

ずっとお二人の側で、この指輪が思い出を紡いでくれますように。

2020.12.30

2020年を無事に終えられそうです。/

皆様本当にお疲れ様でした。
2020年は、みんなが少しずつ我慢をしていた年だったと思います。

様々な理不尽や憤りは山ほどありましたね。
国はあてにならないなと、自分達でやるしかないのだと思い知らされた1年でした。
今はそんな事思い出しても胸糞が悪いだけですね(笑)。

私は18歳の頃から、うすぼんやりと
「ものづくりをして生きていきたい」と思っていた人間でして。
何とかかんとか続けてきましたが、今年ばかりはハラハラしました(笑)。

ものを作ると言う事の必要性と不必要性を、ずっと天秤にかけて感じていた1年だったと思います。
そんな中でも、お互いに励まし合って、今回の看板写真になっている機械で
ドロドロになりながら商品を磨き続けてくれた
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の職人達には感謝の気持ちしかありません。
彼らのおかげで、新作をいくつか完成させる事ができました。

来年も、状況が急に好転する事はないでしょう。
そんな濁流のような時代でも、自分の足元をすくわれる事がないように
私は、地に足をしっかりとつけて制作をしていきたいと思います。

こんな時期にオーダーを下さったお客様
商品を購入して下さったお客様
本当にありがとうございました。

来年も「誉さんに頼んだら間違いないなあ」と満足していただけるブランドでありますように。
ジュエリーが、回り回って人の心を幸せにしてくれるアイテムであり続けられますように。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします!

P.S・・「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は有り難い事に
工房もお店も住んでいる所もほぼ徒歩圏内です(笑)。
年末も年明けも、ご連絡をいただければすぐにお店を開けられますので
どうぞお気軽にお問い合わせください!