カテゴリー: 店舗からのメッセージ

2023.01.20

無事に終わりました。/

1週間ごしの投稿ですね(笑)。
動きが遅くてすみません。

1月13日、14日と錢屋本舗様で開催されました
合同展「本当に使っていただけるものだけを作る」は
無事に終える事が出来ました。

洋服のお直し 美希さんにお声がけいただくまでは、まさか自分が
大阪上本町で展示会をさせていただけるなんて、思いもしませんでした。

こんな感じで展示しておりました


evo-see様の展示風景


怒涛のお客様の後の一休み


美しいお直し美希さんと、備品を割ってしょげ気味のうちの職人


お友達が駆けつけてくれたり
「SNSを見てきました」と仰っていただけたり
錢屋本舗のお客様が、私のお仕事の関係の方と長年のお友達だったり
不思議なつながりの中で、一生懸命こなした2日間でした。

私は、いつもは自分のお店でちんと座っているものですから
本当に展示会は緊張しどおしなのです。

でも、錢屋本舗のスタッフさん達は本当に優しくて。
錢屋本舗の常連さん達も本当に優しくて。
とても良いつながりの中で、お仕事を継続されている企業さんなのだと思いました。

「良いつながり」って、持続するのは大変だと思います。
業者同士になると、どちらかが自分の利益を優先し出すと、途端に壊れてしまいますし
売り手と買い手の関係でも、購入してほしいあまりに
「過剰なサービスをする側」と「される事が当たり前の側」の関係に陥ってしまうと
それはもう、まともな関係とは呼べません。

「人として、きちんと善悪の判断が出来る者同士にしか作れない関係」なんだと
この展示会を通して考える事が出来ました。

またお声がけいただく機会があれば、是非参加したいと思います。
ご一緒して下さった
洋服のお直し 美希さん
帽子のオーダーメイドevo-seeさん
本当にありがとうございました!

※トップ画像は、錢屋本舗様のギャラリーのシャンデリアです。
それはそれは美しかったです・・・。

2022.12.04

イベント「本当に使っていただけるものだけを作る」に参加します。/

こんにちは。
コラム投稿がだいぶ空いてしまいました。
気がつけば今年もあと1ヶ月・・・。
毎年同じ事を言っている気がしますが、今年もまあよく走り続けたと思います。

そして、来年早々に大阪でイベントをする事が決まりました。ありがたい事です。
今日は、そのお知らせです。

来年1月13(金),14日(土)と大阪の錢屋本舗本館で、イベントに参加させていただきます。
その名も「本当に使っていただけるものだけを作る」。

<イベント期間>
2023年1月13日(金曜日),14日(土曜日)
両日とも11:30〜17:30
出展者:evo-see、洋服のお直し 美希、誉ノ錺
場所:錢屋本舗本館1階 錢屋ギャラリー(クリックすると地図にとびます)

ご一緒してくださる方達は
evo-see
(evo-seeさんのインスタグラムはこちら→★★★
洋服のお直し 美希
(洋服のお直し 美希さんのインスタグラムはこちら→★★★

のお二人です。
元々、このお二人とは仲良くさせていただいていて
今回は美希さんのお声がけから、実現したイベントです。

錢屋本舗様は、「ものづくり」そして「ものを販売する事」さらに「ものを購入すること」を
深く掘り下げて追求している企業様だと思います。
今回のイベントの紹介ページはこちら→★★★

ものが溢れているこの時代。
購入する際の想いは、人それぞれですが
何を基準に選べば良いのか迷ってしまう事はないでしょうか?

今回集まった3人には、分野は違いますが共通点があります。
それは「自分の仕事に責任と誇りを持っている」という事。
3組とも自分のお仕事が大好きで、お客様の事を一番に考えようと活動しているブランドです。

「服のお直し」「帽子のオーダーメイド」「ジュエリーの修理やオーダーメイド」
パッと聞いてもどんな作業をするのか、すぐに想像出来ない内容ばかりだと思いますが
「分からない事はプロに聞こう!」と、気軽に思ってもらえれば嬉しいです。

当日は、お話好きの3人が、皆様をお待ちしています。
色々な疑問を、一つ一つ誠心誠意お答えさせていただきますので
どうぞお気軽に、何でもご相談下さいね。

evo-seeさんの作品達>







洋服のお直し 美希さんのお直し例>

お直し前
お直し後


お直し前
お直し後


コラムのトップ写真は、某ブランドの難しいサイズ直しの途中写真です。
職人さんの技術って本当にすごいですね!
1月に皆様にお会いできる事を、心から楽しみにしています。

2022.04.29

楽しかったです!北参道での展示会/

皆様こんにちは。
東京・北参道の展示会を、無事に終える事が出来ました。
そして、京都のお店がいまだ片付いていません(笑)。

バタバタと用意して、バタバタと東京に入り
怒涛のような2日間を過ごしました。

「さあ行くぞ!」と京都のお店を出た瞬間、商品を全て入れた鞄を忘れていたり。
ようやく着いた東京駅で迷ったり。
帰り、展示会会場にライトをまるっと忘れてきたりと(工房33 Gallery &shop KITASANDO様、大変申し訳ありませんでした・・・。)
まあ沢山の失敗を重ねてしまいましたが、なんとか元気に戻ってまいりました。

東京のお友達が、沢山駆けつけて下さり
京都のお客様のご紹介の方が、訪れて下さり
更に、お世話になっている業者さん達まで、差し入れを持って来て下さいました。

そして「SNSで見てました!」と仰って下さったお客様達。
みなさんに「写真で見るよりも、繊細で素敵!」と言ってもらえて。
緊張と、天にも昇る幸せで、ずっとふわふわと5cmほど浮いているような感覚で2日間を過ごしました。


美しい石を展示されていたbeautiful stone様



オパールを中心としたジュエリーを展開されていたLazojewelry様



そして、何とか仕上げられた「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の展示風景です。

今回ご一緒して下さった
Lazojewelry様
beautiful stone様
色々と助けていただいて、本当にありがとうございました!

そして素敵な展示会場を貸して下さった工房33 Gallery &shop KITASANDO様。
素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました!

これからは、出来れば年に1回は、東京で展示会をさせていただきたいと思っています。

「写真で見るよりも美しかった」というお言葉は、ネット販売が主流の社会で何よりも褒め言葉だと思います。
心を込めた細かい造形の集大成は、時代に関係なく人の心を掴むものなのだと、今回確信いたしました。

相変わらず色々と遅い人なので、全てがノロノロしていますが
新作なども、改めてご紹介していきますね。

これからも「誉ノ錺(ほまれノかざり)」をどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました!

2022.03.03

東京・北参道で展示会をさせていただきます/

皆さんこんにちは。
ようやく少し暖かくなってきましたね。
京都でも梅が咲き始めています。
今年はお花見ができる世の中になって欲しいものです。

今日は、そんな良い季節に、東京で合同展示会をさせていただく事になりましたのでそのお知らせです。

東京の北参道にあります「工房33 Gallery &shop KITASANDO」という場所で
合計3組で展示会をさせていただきます。

日程:2022年 4月22日(金曜日)と23日(土曜日)の2日間

時間:金曜日→12:00〜21:00 土曜日→10:00〜15:00

場所:工房33 Gallery &shop KITASANDO
(住所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22 第25宮庭マンション209号)

※詳しい場所は工房33 Gallery &shop KITASANDO←こちらをクリックして下さい。

どなた様も無料でご参加いただけます。

今回、ご一緒していただく方達は
beautiful stone様(インスタグラムはコチラ→☆☆☆
Lazojewelry様(インスタグラムはコチラ→☆☆☆
のお二方です。(詳しくはお名前をクリックして下さい)

beautiful stone様は、2019年に「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の店舗で
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会」を開催したお馴染みの方です。
Lazojewelry様は、オパールや色石を中心とした美しいジュエリーを作っていらっしゃる方です。
この度初めてご一緒させて頂く事になりました。
今からワクワクしています。

beautiful stone様が、詳しい内容をHPに挙げていらっしゃるので、よかったらそちらもご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「東京・北参道 COLORSTONE &JEWELRY展示販売/オーダー会」

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」からは、お店の商品をほぼ全員連れて行きます。
後は、セミオーダーやフルオーダー用の石達や
知る人ぞ知る「華真珠」のコレクション達も、連れて行く予定です。
※華真珠に関してはコチラからご覧ください→☆☆☆

そして今回は職人が同行いたしますので、オーダー以外でも修理相談やリフォームのご相談など
どうぞ何でもご用命下さい!
話しかけていただくと、とても喜びます(笑)。

「京都は遠くてなかなか行けないなあ・・」と思って下さっていたお客様。
この機会に遊びに来ていただけると、とても嬉しいです。

また近くなりましたら、色々とご報告をさせていただきますね!
(こんなご時勢ですので、延期を余儀なくされるかもしれません。
その時も、速やかにこのコラムでご報告をさせていただきます。)

関東近辺の皆様。どうぞよろしくお願いいたします!

※コラムのトップ画像は、工房33 Gallery &shop KITASANDO様のHPをお借りしました。
ありがとうございました。

2021.12.31

今年もありがとうございました/

こんにちは。
気がつけば、今年も後少しで終わりますね。
皆様は、どんな1年をすごされたでしょうか。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、色々な事にチャレンジした年でした。
特に、お手持ちの石を、ジュエリーにする「栖(スミカ)」シリーズを
立ち上げられた事はとても大きかったと思っています。

今年の年賀状にも書いたのですが
「美しいものは、人の心を癒す。」
これは、私達がブランドを始めた頃から大切にしている信念でした。

閉塞的なコロナ禍の元で、石やジュエリーを買い求める方達も、そんな思いがあったのではないでしょうか。

「美しいもの」とは、長年修行を積んだ職人の技なしでは成立しません。
私は身近で、職人達が1つの作品を完成させるまでに、何度も何度も作り直す様を見てきました。
「面倒臭い」「割に合わない」作業を繰り返すのです。
自分が望んだ、理想の形に到達するまで。

現代の仕事のやり方とは、かけ離れているのかも知れません。
でも、この「職人達の仕事に対する姿勢」は、ずっと受け継がれていかなければならないものだと思います。
そんな事を、繰り返し考えた1年でした。

来年も「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、1つ1つ丁寧に作品を作り続けていきます。
今年は、少しシンプルなデザインの発表が続きましたが
来年は、もうちょっと遊ばせていただきます(笑)。どうぞお楽しみに!

今年1年、どうもありがとうございました。
皆様も良いお年をお迎え下さいませ。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の店舗は、年末年始は「予約の方優先」となっております。
 HPの来店ご予約フォームからご予約頂ければ、定休日に関係なくいつでもご来店いただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

2021.10.18

石のおうち「栖(スミカ)」シリーズ/

こんにちは。
京都は急に薄寒くなってきましたね。
このまま季節が移り変わるのでしょうか。
紅葉が楽しみですね。

今日は、最近投稿が続いている新しいシリーズ「栖(スミカ)」について
お話をさせていただきたいと思います。

とても簡潔に言いますと
「お手持ちの石を、指輪(ネックレス、ピアスなども可)に仕立てられるシリーズ」です。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、立ち上げ当初からオーダーメイドのご要望が多く
これまで、沢山のお客様のオーダーメイドを手がけさせていただきました。
そんな中で感じた事は
「こういう形を作りたい!」
と明確に持っていらっしゃるお客様は少ないと言う事。

そこで今回
「指輪にしたらこんな感じになりますよ」
と言う明確な形を、お客様に、事前に見せられたら良いなと思ったのが、このシリーズの始まりです。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の中で、「フルオーダーメイド」と「セミオーダーメイド」は区別しています。
今回の「栖(スミカ)」シリーズは、「セミオーダーメイド」に入ります。
「フルオーダーメイド」と「セミオーダーメイド」の違いは、また別のコラムで説明させていただきますね。

これまでにご紹介した「栖(スミカ)」シリーズです。。


「栖(スミカ)#1」←クリックするとページに飛びます。 
ロンドンブルートパーズ、ダイヤモンド


「栖(スミカ)#2」←クリックするとページに飛びます。  
ピンクトルマリン、シトリン


「栖(スミカ)#3」←クリックするとページに飛びます。  
ブルートパーズ、サファイア


「栖(スミカ)#4」←クリックするとページに飛びます。  
エメラルド、ダイヤモンド、ペリドット 
 
この指輪達の中心の石を、お手持ちの石に差し替える事ができます。  
もちろん脇の石も、中心の石に合わせて変更出来ます。  
  
SNSで見かける石好きの方達の投稿は、石に対する愛情がひしひしと伝わってくるものばかりでした。 
そして残念な事に、投稿の中には 
「オーダーをして失敗した」 
と言う投稿も見るようになりました。 
 
・自分の石を勝手に差し替えられた
・お問い合わせの返事がいつまで経っても来なかった
・頼んでいた指輪のサイズが違った

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」で、このようなトラブルになった事は一度もありませんが
どんな業界にもいるように、一定数の悪質な業者は存在します。

可愛がっている石達が、安心して落ち着いて暮らせる「すみか」が見つかってくれれば良いなと
心から思います。

今回、コラムを書いたのは、ここが一旦の折り返し地点だからです。
これから、それぞれの「栖(スミカ)」の色違いバージョンを投稿していきます。
(このコラムの表紙の写真は、「栖(スミカ)#1」の色違いバージョンです)

「石が変わるだけで、指輪の表情がここまで変わるんだ!」
と言う実感を感じていただければと思います。
「これが私の持ってるあの石だったら・・・」
と、ワクワクしながら想像していただけると嬉しいです!

最後になりましたが、この「栖(スミカ)」シリーズは
もちろん、このままの形の指輪ででも販売しています(笑)。

HPに、それぞれ
「Pt900でお作りした場合」
「18金イエローゴールドでお作りした場合」
「シルバー925でお作りした場合」
の金額が載っていますので、ぜひご覧下さいませ。

「石が好き」と言う想いは、私も全く一緒です。
その想いが、嫌な体験で曇らないように
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、これからも丁寧に対応させていただきます。
新しいシリーズ「栖(スミカ)」を、どうぞよろしくお願いいたします。

2021.09.01

石の展示会延期と、初めての試み/

こんにちは。
残暑と言いますが、京都は猛暑です・・・。
光の色は徐々に黄色くなっていますが・・・まだまだ暑いですね。

今日は、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」からのお知らせです。

コロナが始まる前の2019年。
「beautiful stone」様とのコラボ企画
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会」を開催しました。

その時のコラムはこちら→「無事に終えることが出来ました」

ありがたい事に「楽しかった」というお声を多数頂戴し
「これは毎年続けていこうね!」と話していた矢先に起こったコロナ。

結局、去年は開催出来ず
今年も、本当は9月に開催するつもりだったのですが
涙をのんで延期を決断いたしました。

こういう生活が続くと、心が荒れます。
心が荒れると視野が狭くなり、余裕がなくなります。
「美しいもの」は、そういった荒んだ心によく効くのですが
今は、皆様に見ていただく事すら難しい状況です。

そこで今回「beautiful stone」様と相談を重ね
初の試みをする事になりました。

詳しくは「beautiful stone」様のHPをご覧下さい。
「関西圏限定特別特典企画」

この企画に伴い、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」も少しですがお手伝いをさせていただきます。
この企画の期間中に「beautiful stone」様で石を購入されたお客様が
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」で、ジュエリーへのお仕立てを依頼して下さった場合
お仕立て代を、10%offさせていただきます。

「beautiful stone」様の所で石を購入された時に、特典のクーポンがもらえますので
そのクーポンをご提示下さい。
クーポンの期間は、来年2022年1月末日まで有効です。

クーポンがあれば、「beautiful stone」様から購入した石でなくても、10%offは可能です。

ご自身の大切な石達が
「こんな指輪になる」
「こんなネックレスになる」
「あ!そんなものにもできるの!?」・・・
みたいな想像をするだけでも、気持ちが楽しくなるのではないでしょうか?

沢山の人を集める事は出来ませんが、一人一人とお話をさせていただく事は出来ます。
キラキラを心から愛する店主と、「こんなジュエリーになるかなー」みたいな
雑談を楽しんでいただければと思います(笑)。

ちなみに、コラムの写真は、まだ「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のHPに出していないシンプルラインです。
石好きさん達の為のラインになる予定です。

早く展示会ができる日常になって欲しいですね。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」はしぶとく静かに頑張ります。

2021.08.01

4本揃いました!/

こんにちは。
京都も夏本番ですね。
これから約1ヶ月、京都は自然と人との我慢比べです(笑)。
何かと不安定な日が続きますが、健康に乗り切りたいものですね。

今日は、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の「螺旋の指輪」シリーズが4本揃ったので
一度まとめて見て頂きたくて、コラムを書きました。

<螺旋の指輪>
螺旋の指輪の初代です。
18金イエローゴールドに、カラーサファイアとダイヤモンド
更にブルーサファイアでアクセントをつけています。


<螺旋の指輪 ー水明ー>
18金イエローゴールドに、ダイヤモンドを留めたリングです。
涼やかでシンプルですが、ダイヤモンドがしっかりと存在感を出してくれます。


<螺旋の指輪 ー淡藤ー>
18金シャンパンゴールドに、タンザナイトを留めました。
淡いタンザナイトと落ち着いたシャンパンゴールドの組み合わせが
とても優しい雰囲気です。


<螺旋の指輪 ー紅と漆黒ー>
18金ピンクゴールドに、ルビーとブラックダイヤモンドを留めました。
赤と黒がぶつかり合う、激しいイメージの指輪になりました。

金や石の色で、こんなにもイメージが変わるのはとても面白いですね。


水明淡藤の重ね付け


水明螺旋の指輪の重ね付け


こちらは、両方とも淡藤紅と漆黒の重ね付けです。
着ける角度で、ここまで雰囲気が変わるのは面白いですね。


こちらも、両方とも紅と漆黒螺旋の指輪を重ね付けしたものです。
まるで、それぞれ違うリングを重ね付けしているように見えますね。

この指輪達は、一粒づつ、石を顕微鏡で覗きながら職人が留めてくれました。
石の面を、このねじれていく金属の面に沿わせてて留めていかないと
流れるような滑らかな雰囲気にはならないのです。

小さな物に、一生懸命技術と時間を込める。
それはその先に、手にとって下さるであろう、お客様達の笑顔の為に他なりません。

ジュエリーを楽しまれる時、そんな職人さん達の思いも感じていただけると嬉しいです。

2021.06.11

GIGA「企む(たくらむ)」が違う表情になりました。/

こんにちは。
昨日まで梅雨とは思えない暑さでしたね。

今日は、セミオーダーのご紹介をさせて頂きたいと思います。
今まで「セミオーダー」の枠をどう使えば良いのかよく分かっていませんでした(笑)。
これからは、こちらにもあげていけたらと思っています。


こちらが「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の通常商品
「GIGA」シリーズ「企む(たくらむ)」です。

この作品を、いたく気に入って下さったのがBeautiful Stone様でした。

Beautiful Stone様と言えば、一昨年店舗で開催した
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会」の共同主催者さんです。
詳しくはこちらのコラムをどうぞ。
「ルースの展示販売会とジュエリーオーダー会を開きます」
「無事に終えることができました」

去年は、コロナのせいで中止を余儀なくされ。
東京に、石の買い付けにも行けず寂しく悔しい日々を送っておりましたが
Beautiful Stone様とは、常に連絡を取り合っておりました。

そんな中でのこちらのオーダー。
とても嬉しかったです。


今回、Beautiful Stone様から秘蔵のモンタナサファイアをお預かりし
「企む」の杖の上に留めました。


綺麗なモンタナサファイアです。


他の写真では分かりにくいのですが、この「企む」は「黒うさぎ」の方です。
ルテニウムというメッキをかけて、艶々の黒色に仕上げています。
今回は、できるだけモンタナサファイアの色味を強調したかったので
「黒うさぎ」の方を提案させていただきました。


そして、このマント部分。
通常はブラックキュービックジルコニアなのですが
石をこよなく愛しておられるBeautiful Stone様ですので(笑)。
今回はブラックスピネルを入れてみました。

これが大成功!
キラキラ光って、モンタナサファイアとの相性も最高です。
自分で言うのもなんですが、大満足の出来になりました。


こちらが裏側です。
裏の細かい造形は、通常の「GIGA」シリーズ「企む(たくらむ)」と一緒。
ペンダントトップとしても、ブローチとしてもお使いいただけるので


こんな感じで、服に合わせて色々な使い方を楽しんでいただけます。

Beautiful Stone様が、HPにもあげて下さっているので是非ご覧下さい
GIGAシリーズ 企む(たくらむ)
こちらにはお値段も載っていますので、オーダーの際の目安にしていただければと思います。

作り手側としては、GIGAなどは本当に自由の利くデザインで
杖の上の石を差し替えたり、マントの石を変更したり、地金そのものも
金やプラチナに変えることができるのですが
そういう事はこちらがもっと積極的に発信しないと、お客様には伝わらないなと再確認しました。
Beautiful Stone様にも「〇〇もできるの!?」て色々聞かれたし(笑)。

もしご自身でお持ちの石を、留めたいと思う方がいらっしゃれば
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」まで、どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいね。
ラウンドでもオーバルでもマーキスでも、何でもお作りできますので。

いつもポジティブで、のろまな私をぐいぐい引っ張って下さるBeautiful Stone様
本当にありがとうございます!