カテゴリー: お客様エピソード

2021.02.02

難しいフルエタニティリングの修理/

こんにちは!
今日はとても難しいフルエタニティリングのサイズ直しをご紹介したいと思います。

いつも思うのは「修理は作りを熟知していないとできない」という事です。
今回もとても難しいお修理で、例えば、私がこの修理の流れを知ったからと言って
出来るわけではありません。
職人さんが長年培われた技術と勘に感謝しながら、紹介していきたいと思います。


お預かりしたのは、この指輪。
某有名ブランドのフルエタニティリングです。
「フルエタニティリング」とは、一周ぐるりと石が留まっている指輪の事。
ご購入されたブランドでは「サイズ直しが出来ない」とお断りされたそうです。

2回ほどしか使っていないのに、サイズが合わなくなってしまったとお困りのご様子。
どうしても使いたいとのご要望でしたので、お受けすることにしました。



ぎっしりと石が留まっていますね。
側面も、つるんとした平坦な形ではなく凹凸があります。
石の裏側も、綺麗な四角に成形されていました。

素材はホワイトゴールドにダイヤモンドです。
サイズを2号大きくします。
サイズ直しの流れとしてはいつもと変わりません。

・糸のこを入れる箇所のダイヤモンドを外して
・糸のこで切って、地金を挟んでろう付けして
・形を整えた後に、ダイヤを留め直す

この工程全てに、今回は細心の注意を払います。


まずは、すり板の形をこのように削りました。
今回の修理用のすり板です。
石を外すにしても、糸のこで切るにしても、出来るだけブレを減らさないといけないのです。
切り口がぶれたり、石外しの時に指輪が動いたりすると後の作業に大きな負担がかかってきます。


こんな感じで配置します。


石を3粒ずつ外しました。
なぜ3粒外したかは、後からの工程で分かります。


糸のこで、空いた石座のど真ん中を切断しました。
見てるだけで恐ろしいです(笑)。


次に、切り離した指輪のサイズを、少しずつ広げていきます。
全体をゴム槌で軽く軽く叩きます。
急に広げると、石が割れたり指輪にひびが入ったりします。
ゆっくりゆっくり叩いていきます。


無事に、欲しいサイズまで広げられました。


このように地金を挟み


ろう付けをしました。


ロウがしっかりまわっているのが見えると思います。

ろう付けとは、ご存知の通り火をあてる事です。
もちろんダイヤモンドを痛めるリスクがあるので、石を最初から多めに外しました。
火がもろにあたる石は、出来るだけ減らさなければならないからです。

それでもリスクゼロという訳にはいきません。
出来るだけ早く火を通して、ロウが溶けた瞬時に火を指輪から離す。
この時に、指輪の切り口がガタガタだと、ろう付けもスムーズにはいきません。
今回は、全ての行程を手早く綺麗にしないといけないのです。


指輪に挟んだ地金を、ヤスリで成形していきます。


様々なヤスリで、形を整えて・・・


綺麗に指輪に馴染んでくれました。


次に石座を作っていきます。
今回は、ダイヤモンド2個分広がったので、アタリの穴を空けます。


ここからは、細かい作業になるので、顕微鏡の出番です。


アタリで付けた穴を大きく広げて・・・


溝を作って、周りの彫り留めと同じ石座を成形します。


裏側も、周りと同じような四角に成形します。
本当に顕微鏡さまさまですね(笑)。


石が留まりました。


指にはめてみました。
まだメッキをしていないので、地金の色が分かれていますね。
最後に仕上げ磨きをします。


メッキをかけて完成です!


指輪の中で一箇所だけ横長な六角形ができましたが、それ以外は見ても分からないと思います。

お客様には大変喜んでいただき、私達もほっとしました。

ブランドにもよると思うのですが
ブランド品は、元のブランド以外の業者で手を入れた場合
そのブランドとして買い取ってもらえなくなったり
元のブランドが修理してくれなくなったりする事があります。
ブランド品の修理をお考えの方は、その旨をご了承の上頼まれた方が良いと思います。

一番良いのは、販売したブランドが責任を持って、メンテナンスをする事だと思うのですが。
大きなブランドになると、そこまで手が回らないのでしょうか。

これからも、お客様が困った時の受け皿のようなブランドでありたいと思います。

2020.11.11

ダイヤモンドペンダントのリフォーム/

こんにちは。
だんだんと冬の空気になってきましたね。

今日はリフォームのご依頼を受けたので、その流れを写真と共にご紹介したいと思います。
題名の下の写真が、お預かりしたダイヤのネックレスと指輪です。

ネックレスのチェーンは切れていました。
ボールチェーンなので、修理する事も可能なのですが
せっかくなので、チェーンも一新したいとの事。

指輪の方はピンキーリングで、旦那様からのプレゼントだそうです。
ただ、ピンキーリングは他にも持っていらっしゃるので
今回、このネックレスと思い入れのあるピンキーリングの石を組み合わせて
新しいネックレスを作る事にしました。


まずは、ピンキーリングから石を外していきます。


手元はこんな感じです。
なぜこの箇所を切るかと言うと、石の留め方が関わっています。
この石は、指輪の両腕で石を挟む様な感じで留められています。
という事は、腕の片方を切って、幅をを広げれば石を外せるはずです。
石を外す時、一番大切な事は「留められている石を傷付けない事」だと思います。
石に出来るだけ負担がかからない様に、様々な方法を考える事も職人の腕の見せ所です。


カットができました。


切れた方の腕をヤットコで持ち、慎重に広げていきます。


無事に石が取り出せました。


綺麗なダイヤモンドですね!


次に、このダイヤモンドの石座を作っていきます。
画像の上の方に写っている線が、石座の爪になります。


石座を組み立てて、爪をロウ付けをして


石座ができあがりました。


次に大きい方のダイヤモンドを、石座から一旦外します。
ロウ付けしないといけないので、大きな石を留めたまま火をあてるのは危険ですものね。
こんな風に、ヒートフォームで石座を固定します。


これはプラチナなので、そっと石にかかっている爪を起こしていきます。


手元はこんな感じ。
薄い刃を、ダイヤと爪の間に入れて爪を起こす様な感じです。
気を付けないと、爪がちぎれたり、石に力が伝わって割れてしまうので細心の注意を払います。


無事に石座から外す事ができました。


先ほどのダイヤモンドの石座の裏に、小さな丸カンを取り付けました。


チェーンが通っていた隙間にも、丸カンを付けました。
これには大きな理由があるのですが、それは後ほどお話しします。

小さい方のダイヤモンドを、石座に留めていきます。


慎重に慎重に・・・。


石が留まりました。

次に大きなダイヤモンドの方も、元の石座に留めていきます。

無事に留まりました。
イエローダイヤは美しいですね!


両パーツとも、軽く磨きました。

先ほど付けた小さな丸カンもピカピカですね。
次にこちらを組み立てていきます。


丸カンに通して


ヤットコで口を塞ぎます。


こんな感じ。
次に、このヤットコで閉じた丸カンの口をロウ付けします。


これは「仮着機(かちゃくき)」と呼ばれる機械です。
簡単に説明しますと、電流を流してくっつけたい金属同士の表面を少しだけ溶かす機械です。

ロウ付けで一番大変なのは、溶接している時に素材が動く事。
とにかく相手は小さなパーツです。バーナーの風圧だけでも飛んでしまったりします。
プラチナや金のパーツをロウ付けで組み立てて行く時、この仮着機はとても重宝します。
(シルバーには向いていません)

そして今回は、この仮着機の別の機能を使います。
とても小さな箇所のロウ付けが、この仮着機では可能なのです。


この様にピンセットで挟んで、ロウを置き、一瞬だけ熱を通します。


無事にロウが溶けて、丸カンの口を閉じる事ができました。


もう一度、全体を磨いていきます。


細かい所は、リューターで丁寧に磨きます。


綺麗に磨けました。

さて。ここからはチェーンを通す箇所につけた丸カンの種明かしです。

実は今回、お客様からご要望がありました。
「チェーンの中でトップがあっちこっちにずれるのが嫌なので
トップがチェーンの中心からずれない様にしてほしい。」
との事です。

普通なら、小さな丸カンをトップの両端に取り付けて、チェーンを通す形に変更するのですが
このペンダントトップは、構造上丸カンを付けるとすっきりしたデザインを損なう様な気がしました。
そこで今回は
「本来のチェーンが通っていた部分の内部に丸カンを取り付け、それを潰す」
と言う方法にしました。
この方法なら、よっぽど強く引っ張らない限りチェーンが動くこともありません。


チェーンを丸カンに通します。


ヤットコでそっと丸カンを潰します。


潰れた丸カンが見えるでしょうか?
これでチェーンが固定されました!


完成です。


本来のすっきりしたデザインを活かせたと思います。
イエローダイヤモンドとホワイトダイヤモンドのコントラストも美しいですね。
チェーンもカットの入ったものを使いましたので、キラキラです。

お客様には
「違うデザインのネックレスを新しく買ったみたい!」
と喜んでいただけました。
プラチナは、磨くと本当に綺麗になりますね。
生まれ変わったペンダント。末長く使っていただければと思います!

2020.07.24

石が外れてしまった指輪の修理/

こんにちは。
コロナが相変わらず猛威を振るっていますね・・・。
夏は落ち着くのかなと勝手に思っていたのですが。

色々と厳しい状況が続いていますが、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は今出来る事を見つめて
ただ、淡々とお仕事をしていきたいと思います。

今日は、指輪の修理のお話です。
昔から使われていた指輪です。石が取れてしまったのだそう。

ダイヤモンドが一粒外れてしまっています。

全体はこんな感じのデザインです。側面の唐草が可愛らしいですね。

近くで見ると、爪のあたりもかなり傷がついています。長い時間使っていただいていた印象です。

石の外れた箇所です。

ここで、1つ困った事が分かりました。
職人に見せたところ、石の外れた箇所の爪がとても薄くなっていて
このまま留め直してもまたすぐに外れてしまうとの事。
そこで、石が留まっていた穴をもう少し深く彫って石を沈め
石の背を低くして、爪の分厚い箇所で留め直そうという事になりました。

ただそうすると、横から見た時に、周りの石との高さが変わってしまいます。
そこで、今回はすべての石を外して留め直す事にしました。

石を、注意深くすべて外します。

外された石です。とても透明度の高い美しいダイヤモンドです!

確かに、他の爪もなかなか薄くなっていますね。石を外すとよく分かります。

1つずつ、石座を深く彫っていきます。

彫りました。これで石が、最初よりも深く沈んでくれます。

彫った部分や、石を留めると磨けなくなってしまう部分を磨きます。
この部分が美しい方が、ダイヤモンドが綺麗に輝くので重要な作業です。

磨きました。

タガネで、再度ダイヤモンドを留めて、全体を磨きます。

綺麗になりました。

そして、ここで職人の一声。
「こういうデザインは、昔はこの唐草の部分だけつや消しやったんや。」と。
という訳で、この部分はザラザラな感じに仕上げる事にしました。
確かに、デザインのアクセントになって美しい・・。
横から見ても、ダイヤモンドの高さが揃っていますね。

ダイヤモンドもピッカピカ。
新品のようになりました!

お客様もとても喜んで下さり、「また使います!」とのお言葉をいただきました。

プラチナや、ダイヤモンド製のもの、その他金製のものでも、洗ったり磨いたりするだけで
びっくりするぐらいピカピカになります。
そして、古いデザインに見えていたものが、急にお洒落なものに見えてくる事もあります。

お家のタンスの中でずっと眠っている貴金属達を、再度お洒落のアクセントにされてみませんか?
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」が、お手伝いをさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

2019.10.02

無事に終えることができました/

こんにちは。
10月に突入ですね。今年は1年が早いです。
ほんっとうに早いです(笑)。
きっと、新しい試みや新しい人達に沢山会えて、充実していたからだと思います。
年末の挨拶みたいになってしまいましたね(笑)。

そして「誉ノ錺(ほまれノかざり)」にとってこれも初の試みだった
「ルース展示販売会&ジュエリーオーダー会」
9月29日に、無事終えることが出来ました。

今年の6月頃に、beautiful stone様からお声がけをいただき。
7月には下見にわざわざ横浜から来て下さり。
ああでもないこうでもないと試行錯誤し続け、時には掃除が嫌すぎて泣いて(笑)
あっという間に終わりました。

展示会当日、日頃は居住空間として使っているスペースまで解放しました。

1つ1つ丁寧にパッケージングされた石達。

色とりどりの石があって、キラキラ好きとしては喉から手が出るほど欲しい(笑)。

いつもは店舗として使っている空間は、石を吟味する場所として使っていただきました。

皆さま真剣そのものです。

展示場所に戻ったり、見ている石を取り替えたり。

今回とても印象的だったのは、お客様の石に対する想いです。
最初beautiful stone様と、1枠ごとの時間を「2時間」半ずつにすると決めた時
正直「若干長いかな・・・」と思っていました。
でも、どの枠の皆さまもきっちり2時間半いらっしゃる!
その間、ずっと石をご覧になっているのです。
「天然石」と言うものの魅力を、再確認できた1日でもありました。

最近、Twitterなどで色石がブームになっているようです。
テレビ番組「マツコの知らない世界」でも色石が紹介されていましたよね。
私達ジュエリーに携わる者としては、とても嬉しい流れだと思います。

でもその反面、石に詳しくない業者から購入してトラブルになったケースなどの
話も聞くようになりました。

「色石」と言う分野は、10年以上このお仕事をして来た私でも
手に負えないほど難しい分野だと思っています。
30年職人をして来た人でも、見間違うことがあります。
そして石は決して「硬い」物ではありません。
強く叩きつけたりすると、劈開によってはサファイアでも割れます。

よくお客様から、持ち込まれた石を
「この石は何?サファイア?」
などと聞かれることがあるのですが
極力その場では答えず、正確な鑑別をお勧めしています。
色や輝き方を目視するだけでは、その石のはっきりとした素性は分からないのです。

せっかく色石を好きになって下さった方達の気持ちをがっかりさせないように。
これからも「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、できるだけ正確な情報をお客様にお伝えしていきたいと思っています。
何かわからない事があれば、どうぞお問い合わせ下さいね。
手を尽くして、調べさせていただきますので。

美しいものを愛でる心は、この時代にとても大事な要素だと思います。
beautiful stone様の、石に向き合う真摯な気持ちを見せていただき
また来年も、第二弾を開けたら良いねとお話しました。
その時は、またここでご紹介したいと思います。
どうぞ楽しみにお待ち下さい。

コラムの画像は、今回のお客様が気に入ってご購入下さった「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の商品
「mignon ーこねこー」の後ろ足です(笑)。
猫の商品も、もっと作りたいなあ・・・。

2019.01.15

こんな素敵なひのき舞台に立ちました

こんにちは。
2018年12月にご紹介した「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のオーダー品
「柔らかな四角のマリッジリング」ですが。
実は結婚式にもお呼ばれして、参加させていただいておりました。

柔らかな四角のマリッジリングはこちらです。

ブライダル専門のカメラマンをなさっている奥様と
バーの経営をされている旦那様。
お二人とは長年の友人なのですが、マリッジリングを作らせていただくだけでも嬉しいのに
式にまで招待していただけるなんて感無量な気持ちです。

そして結婚式場は、奥様の勤めていらっしゃるチャペルでのお式でした。
チャペルの奥には、こんな美しいステンドグラスが!


花嫁さんのベールが、赤い絨毯に映えてとても綺麗です。


お互いに指輪を交換されて・・。


この笑顔!


お二人は本当に幸せそうで(旦那様はプラス照れ臭そうで(笑))
見ているこちらまで、幸せな気持ちになった素敵な結婚式でした。

そして、チャペルの地下に併設されている披露宴会場で、披露宴です。
ウェディングケーキのファーストバイトの、大きさに戸惑う新郎さん(笑)


そして新婦さんのご親友からの、歌の贈り物です。


彼女は、バンドのボーカルもされているので、圧倒的な歌唱力。
新婦さんを思う彼女の歌声と、暖かな歌詞の内容に、ジーンときてしまいました。

披露宴会場でお願いして、お二人の指輪の写真も撮らせていただきました。


この指輪は「柔らかな四角のマリッジリング」のページに詳しく書いている通り
片方はプラチナ、片方はシルバーでできています。

お客様の中には、お仕事上毎日は身につけられなかったり
着け外しの多いお仕事だったりと、様々な使い方があります。
今回はそんなお仕事上の問題を考慮して、旦那様の指輪はシルバーでお作りしました。

マリッジリングは一生ものです。
お二人がこれから歩まれる長い人生の中で、出来るだけ暮らしにも寄り添いたい。
そんな思いから出来上がったリングです。

この写真は、奥様の職場で一緒に働かれているカメラマンからの写真です。

やっぱりプロの写真は全然違いますね・・!!
一緒に写っている指輪は、ティファニー製の婚約指輪。
この指輪と重ね付けできるデザインが、お二人のご要望でした。

どうぞお二人とも末長くお幸せに。
心からおめでとうございます!

2018.09.02

オーダーメイドの里帰り

こんにちは。
随分以前にお作りした「カラーストーンのピンキーリング」「アクアマリンのリング」との二つが
お客様の手元から戻って来ました。
「少し汚れて来たので、リフレッシュ加工をしてほしい」との事です。


これが戻りたての指輪達。確かに、少し小キズが目立ちますね。


拡大してみると、石の裏にも汚れが付着しているのが見えます。

とはいえ、この二つの指輪。6〜7年も前にお作りしたものです。
その割には、状態がとても美しい・・・!
多少の小キズというものは、使っているとどうしてもついてしまうものですし
6〜7年お使いいただいている割には、石の裏も綺麗です。
きっと、大切に扱ってくださっていたのでしょうね。
作品が、全て「自分の子供」だと感じている私としては(笑)、本当にありがたい限りです。
新品のように、美しくしたいと思います!

まずは、洗って取れる汚れを全て取り除きます。
これは「超音波洗浄機」と呼ばれるもので、水を細かく振動させて付着した汚れを取り除くものです。
ここに、皮脂やその他の油分などを洗い流す特殊な洗剤を入れて使います。
うっかり自分の指をこの中に長く付けていると、ガサガサになります(笑)。


洗った後の石達です。
裏側の汚れが綺麗に取れて、輝きが増しました。


ただ、当たり前ですが小キズはまだ取れていません。
これからこの傷を磨いて取り除いていきます。

・・・・と思った矢先に問題が勃発。
職人が「カラーストーンのピンキーリング」を細かく点検している時に「ペリドットの石座の爪が浮いている」事に気付きました。

写真で分かるでしょうか?こんな感じで爪が石から浮いてしまっています。
ほっておくと石取れや爪が折れる原因にもなりますので、リフレッシュ加工の前に修理しておくことにします。

この灰色の固まりは「ヒートフォーム」と呼ばれるものです。
熱湯につけると柔らかくなる樹脂で、冷えると固まります。
柔らかい間に指輪を埋め込んで固定します。

こんな風にして、もう一度浮いてしまった爪を倒していきます。
小さいといえどもカナヅチで打ち直すとなると、力を入れ過ぎればペリドットは割れてしまいます。
このカナヅチの衝撃を少し弱めてくれるのも、ヒートフォームの大事な役割です。

アップで見るとこんな感じ。
本当に細かい作業です・・・。

爪が無事に倒せたので、ここから磨きに入っていきます。

高速回転しているバフに研磨剤を塗りつけて、そこに指輪を押し当てて小キズを取っていきます。
この時、石にはバフが当たらないように極力注意します。
そうしないと石のカット面まで削れてしまい、輝きが鈍くなってしまいます。


近くで見るとこんな感じ。
2本とも、丁寧にバフをあてていきます。

これがバフがけ直後の指輪達です。
全体的に黒ずんでいるでしょう?
磨いたバフの粉が付着している為です。

指輪の周りの水に、もやもやとした黒い湯気のようなものが見えないでしょうか?
これが、バフの粉です。
これを綺麗に洗って・・・。


これでリフレッシュ加工は終了です。
二つとも、とても綺麗になりました。

浮いていたペリドットの爪も、無事に押さえられました。

全体についていた小キズも取れています。

このコラムでも何度も書かせていただきましたが
ジュエリーという物は、大切に扱っていれば本当に長い間使っていただけます。
そして、石の裏にはどうしても皮脂が溜まりやすく
それを取り除くだけでもびっくりするくらい綺麗になります。
「最近この指輪、色あせてきたな」
「知らない間に傷だらけになってきたな」
など感じられた方は、ぜひ一度お買い求めになられたお店にご相談下さい。

最近のお店の中には「新品と取り返させていただきます」と提案してくるお店もあるようです。
新品と取り替えるのは、効率的には良いのかもしれませんが・・・。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」としては、それはもったいないように思います。

服を丁寧に繕い直して、長く着るように
割れたお茶碗に「金継ぎ」をして、もう一度使うように

ジュエリーも、末長くお客様の元で可愛がっていただきたいと思います。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」では、他のお店の商品達のリフレッシュ加工も承っております。
どうぞ、ジュエリーで何かお困りの事があれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

2018.05.09

Van Clef & Arpels「アルハンブラ」のリメイク

こんにちは。
今日は、面白いお仕事をさせていただいたので、そのお話をしたいと思います。

これはオーダーでも修理でもないな・・・と思い。
「リメイク」という言葉を使わせていただきました。

これが、かの有名なVan Clef & Arpels「アルハンブラ」シリーズのイヤリングです。
(画像はVan Clef & Arpelsホームページからお借りしました)
とても高価なものなのですね・・・。お恥ずかしながら初めてお値段を知りました(笑)。

そしてこれが、お客様の持ち込まれたイヤリングの片割れです。

裏側も、イヤリング使用になっています。
お客様は「このイヤリングを、指輪として使いたい」との事でした。

普通の作り方としては

1,後ろのイヤリングパーツを取る
2,新たに作った金の指輪を、ろう付けで取り付ける

で完成!・・のはずなのですが。
実はこのイヤリングには、その作り方が使えません。

というのも、この白蝶貝でできたお花型の部分。
これは薄い貝で出来ています。
この薄い貝がとても熱に弱くて、ろう付け(溶接のようなもの)には耐えられないのです。
じゃあ、留めている爪の部分をおこして中の白蝶貝を取り出して・・・という方法もあるのですが。
爪を起こしている時に、白蝶貝に力がかかって割れてしまうかもしれません。

そこで今回は「レーザー」という方法をとらせていただきました。
レーザーは、全体に熱をを通して行う「ろう付け」とは異なり
1点集中でロウを溶かして溶接のできる機械です。
残念ながら、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」にレーザーの機械はないので(とても高額!!)
今回は、業者さんにお願いしました。

パーツを作って、イヤリングの裏部分を取って綺麗に整えて・・・。
そして出来上がったのがこちらです。

このイヤリングは、裏の部分にとても美しい細工をしてあったので、できるだけ残しました。

2本の唐草と、支えの柱を1本付けています。

アルハンブラ特有のミル打ちを指輪全体にも施して、デザインに共通点をもたせました。
Van Clef & Arpels「アルハンブラ」シリーズにも指輪はあるのですが
あえてデザインは似せていません。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」が一番美しいと思うデザインで
アルハンブラをリメイクさせていただきました。

色々なお仕事をさせていただいていますが、こういったブランド品のリメイクは初めてです。
イヤリングの裏側にまで、気持ちのこもったデザインが施されていて
ここは潰さず生かしたいなと思う箇所がありました。

丁寧に作られたものを見ると、こちらまで嬉しくなりますね!
お客様にも大変喜んでいただけて、良かったです。

2018.02.11

ダイヤモンドとゴールドのエンゲージリング

こんにちは。
久しぶりのコラムになってしまいました。

写真は、以前にお作りしたエンゲージリングです。
このリングは、お客様のご要望により、とても個性的なものになりました。
今日はそのお話です。

お客様からのご要望。
それは「旦那様の親御さんの持ち物であった、金の指輪を溶かしてエンゲージに使いたい」
というものでした。

お客様からお預かりした指輪

これがその指輪です。
よく見ると、白い花のような箇所が・・・。
新品の頃は、彫りと別の貴金属でお花をかたどっていたのでしょう。
今ではあまり見ない作り方です。

そして、これは24金でした。「純金」です。
お客様は、これを溶かして指輪の一部にされたいとの事でした。

「溶かして作る」
これは、簡単そうに聞こえて実は複雑です。
指輪の作り方には、大きく分けると(本当に大きくですが)2つあります。
1つは、金やプラチナを叩いたり伸ばしたり、ろう付け(溶接のようなものです)して作る方法。
もう一つは「鋳造」という方法です。

「鋳造」の詳しい説明は、また別の機会にするとして
今回の「溶かして作る」に、この鋳造は当てはめられませんでした。
というのも、鋳造の場合5グラムの指輪を作る時、5グラムの金では作れません。
もっと沢山の金が必要となり、結果、お預かりした金と別の金が混ざってしまうことになるのです。
お客様にお聞きすると、それはなるべく避けてほしいとの事でした。

そこで
①お預かりした金で、できるだけ指輪の本体を作る(足らない部分は、少し補充する)。
②石を留める石座だけは、別の金で作ったものを使う
という事に決まりました。

まずは叩いて伸ばして作れるデザインの考案です。

ダイヤモンドの裂け目からダイヤモンドが覗くデザイン

ルビーを足したデザイン

なるべく、板にした金を丸めて指輪にできるデザインを考え・・・

決まったのがこちらでした。

実はこれ、私が今回描いた中でもかなり実験的な作品でした。
有機的なラインを、どこまでお客様と詰めることができるか。
そしてポップな形に、どうすれば高級感を出せるのか。
お客様をも巻き込んだ、長い制作が始まりました(笑)。

最初にした事は、ワックスでの見本作りです。
絵だけでは分からない裏の部分なども作って、お客様にお見せしました。

見本で作ったワックスの数々

本当はもっとありますが・・・(笑)。
実際に指にもはめていただいたりして、お好きな形を決めていただきます。

そして決まったのがこれでした。

指輪の下部についている斜めのラインは、ダイヤモンドのラインにします。

形が決まったところで、今度はお預かりしている金を溶かす番です。

細かく切った純金と銀と銅

この金は、純金だったので18金に作り直します。
純金は18金に比べると少し柔らかく、傷がつきやすいなどのデメリットがあります。
今回は指輪だったので、製品として安定している18金に作り直しました。

金を流し入れる型

あらかじめ、金を流し込む型をガンガンに温めておきます。

バーナーで火をあてる

金を溶かします。この炭素棒という棒でかき混ぜながら、できるだけ不純物が入らないように
均等に混ざるように、丁寧に溶かします。

溶かした金を型に流し込む

金は、バーナーからの火が停まると一瞬で固まってしまいます。
なので、型に流す直前まで、こうやってバーナーで温めながら流し込みます。

型の中で固まった金

無事に流れてくれました。
底の方に、少しはねたような金があって生々しい・・・。

新しくできた18金

これが新たにできた18金の棒です。
これを叩いて伸ばして叩いて伸ばして・・・を繰り返して板にします。

次は本体の形作り。
ワックスで作った指輪を元に、先ほど伸ばした金の板を形通りに切り取ります。

金を形どうりに切り取る

バラバラの指輪。これを1つ1つろう付けします。

ろう付けした直後の指輪です。ワックスの指輪と似てきました。

荒く磨いて、中心の大きなダイヤモンドを留める石座をつけました。
赤ペンで印が付いているのは、ここにダイヤモンドのラインが入るという印です。

ダイヤモンドのライン。
今回は、微妙に右肩上がりに配置したいので、慎重にラインを決めていきます。

ダイヤモンドのラインをろう付けして、磨いて石を全て留めてつや消しをして・・・・。
(本当はここが一番大変なのですが、少し割愛しています)

完成しました。

指輪全体のところどころに、ダイヤモンドを留めています。
シルクのような表面の加工が、ダイヤモンドの輝きを引き立てています。
当初心配していた高級感と有機的な形の共存も、うまく果たすことができました。

お客様と何度も打ち合わせをさせていただいた事は、作品質の向上に大きく繋がったと思います。
貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

旦那様のお父様とお母様の思いをのせて
これからは、お二人の思い出をのせていっていただけたらと思います。

2017.09.27

マリッジリングの修理とサイズ直し(女性用マリッジリング)

こんにちは。
今回は、前回コラムに書かせていただいた
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
の、女性バージョンのお話です。

修理をする前の指輪

これが、お客様の指にはまっていた指輪です。
拡大してみると、不思議なダイヤモンドの留め方・・(埋まり方?)
(珍しいデザインだなあ)と内心思いながら、サイズ直しを始めました。

以前にサイズ直しされた箇所を取り除く

こちらも、一度サイズ直しをされた箇所があったので、その部分を一旦取り除きます。

指輪に新たなプラチナをはめ込む

新しいプラチナの破片を、挟み込みます。
元々の指輪の断面と、破片の断面ができるだけぴったりくっつくように
ヤスリなどで調整します。

溶けたロウが切断面に流れ込んでいる

ロウ付けした後の写真です。
プラチナの破片の上にも、溶けた金属がのっているのが見えると思います。
指輪本体とプラチナが、これでぴっちりとついてくれました。
「ロウ付け」の詳しいお話は
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
を、どうぞご参照ください。

粗めのヤスリで、形を整える

余分な金属を、粗めのヤスリで削り落としたところです。

細かい研磨剤で磨いた指輪

細かい研磨剤をつけて、全体も含めて磨き上げました。
これでサイズ直しは無事に終わりです。

ここで、新たな事実が発覚しました。
コラムの冒頭で(珍しいデザインだなあ・・)と感じていたこの指輪。
職人に見せたところ
「元々は彫り留めで留めてあったものが、すり減っている」
ということが分かったのです。

彼曰く
「ダイヤモンドが留まっている左あたりに、小さなミルうちの跡らしきものが見えるから」
とのこと。
「ミル打ち」というのは
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
にも登場しましたが、小さな丸いつぶつぶが連なっているようなデザインです。

正直、ここまで聞いてもなかなかピンとこなかった私(笑)。
職人さんの長年の勘を信じて、彫り留めを再現してもらうことにしました。

ダイヤモンドを指輪から外す

まずは、埋まっていたダイヤモンドを取り出します。
この指輪は裏がぬいてあって、少し薄い金属の上に石が留まっていました。
上からほじくり出すと、金属がさらに薄くなってしまい、破れてしまう可能性があります。
そこで、今回は、後ろからダイヤモンドを押し出しました。

固定してタガネで彫っていく

「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
でもやっていたように、固定してタガネで彫りを再現していきます。

3つのダイヤモンドが留まったところ

石を3つ無事に留められたところ。
確かに!ここまで再現してもらうと、元々のデザインが見えてきます。
かなり長い時間をかけて、すり減ったのでしょうね。
職人に指摘してもらわなければ、普通に磨いて終わるところでした(笑)。
「長年の経験」には完全に脱帽です。

最終磨きをして仕上げる

仕上げの磨きをしたところです。これで完成です。

真円も綺麗に出すことができました。

新品はきっとこんな感じだったのでしょうね。

二つの指輪の修理を無事終わらせてお客様に納品した後、こんな嬉しいメールをいただきました。


「35年間という年月を経て経年変化を起こし
かなり窮屈になってしまった指輪たち。

サイズ直しをお願いしたはずのすっかりすり減っていた指輪たちが
キラキラと輝きを取り戻し、新品のようになって戻ってきて感激です。

嬉しくて、お揃いのケースに収まった指輪で
夫と35年目の指輪交換もどきをして遊びました。
サイズもピッタリでした。

心を込めて直してくださった指輪を
これからもずっと大切に身につけていきます。
そしてさりげなく指輪に目をやっては幸せな気持ちになると思います。

本当にありがとうございました。」


ありがたいお言葉です・・・。
そして、本当に幸せな指輪達です。

プラチナやダイヤモンドの商品は、適切な修理や加工をすれば
このように、ほぼ新品に生まれ変わらせることができます。
「デザインは気に入ってるけど、だいぶ汚いし・・・」
というものは、是非一度近くの宝石店さんなどに持って行ってみてください。
もちろん「誉ノ錺(ほまれノかざり)」でも、随時受け付けております。
ご相談だけでも大歓迎です。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の作品も、これだけ長い間大事にしてもらえるような
唯一無二の作品を作り続けていきたいと思いました。
H様、素敵なお仕事をさせていただき本当にありがとうございました!

※このコラムは「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
と対になっています。
どうぞ合わせてお読みください。