カテゴリー: 店舗からのメッセージ

2017.09.20

マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)

こんにちは。
この前、あるお客様からマリッジリングのサイズ直しをオーダーいただきました。

それはお客様の旦那様のもので、形も少し歪み、傷も入っていました。
ふとお客様の手を見ると、お客様のマリッジリングも少しおつかれ気味・・・。
よくよくお聞きすると、サイズ直しは今までもしたことはあるが
直しながらも、35年間お使いいただいていたとのこと!!
なんて幸せな指輪達でしょうか(笑)。

そこで今回は、コラムを「男性用マリッジリング」と「女性用マリッジリング」に分けて
修理とサイズ直しの過程をご紹介していきたいと思います。
今回は、「男性用マリッジリング」の修理とサイズ直しです。

修理する前の指輪

アップで見てみると、全体に施してあった上下のミル打ちが消えかかっている箇所があります。
斜めに入った線模様も、ややバラついていますね。
ここが以前にサイズ直しをした箇所かも知れません。

火で全体を温める

プラチナは少し火であぶると、サイズ直しのために溶接(ロウ付けと言います)した箇所が
浮き上がってきます。
写真は、火であぶって浮き上がらせた部分。
よく見ると、後から足した箇所にヒビも入っています。

以前にはめ込まれていたプラチナを外す

まずはバーナーで温めて全体に火を回し、温度を上げて、後から足した金属を取り外します。

新しいプラチナをはめ込む

指輪の断面に合わせた、新たなプラチナの破片をはめ込みます。

ロウ付けをする

これが「ロウ付け」と呼ばれている貴金属での溶接の仕方です。
先ほどはめ込んだプラチナの破片と、指輪の間に
「ロウ」という融点の低い金属の破片を置いて、火で溶かします。

ロウが指輪とプラチナの隙間を埋めている

指輪と破片の間に、金属が流れ込んでいるのがわかりますか?
これでロウ付けは終了です。
ここから形を整えていきます。

粗いヤスリで形を整える

粗い目のヤスリで、大まかに形を整えたところです。

軽く全体を磨かれた指輪

細かい研磨剤で磨いたところ。
ここから、今度は指輪についていた模様を再現していきたいと思います。

指輪を固定して、模様を再現する

このように固定して、タガネというものを使って再現していきます。
「タガネ」は、金属を彫ったり模様をつけたりするのに使うものです。
写真のように手で押し付けたり、小さなハンマーで叩いたりもします。
この工程が終わったら、最後の仕上げの磨きに入ります。

模様が再現された指輪

完成です。
上下のミル打ち、斜めの線も、綺麗に再現することができました。

真円に戻った指輪

少し歪んでいた円も真円に戻りましたし、傷もありません。

プラチナの製品を修理していていつも思うのは、本当に長く使えるなあと言うこと。
やはり修理をしやすいという事が大きな理由の一つだと思います。
プラチナがマリッジリングに使われているのも、納得ですね。

このコラムは「マリッジリングの修理とサイズ直し(女性用マリッジリング)」に続きます。

2016.10.30

仏様の手の上で

こんにちは。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」では、お店に置くディスプレイも
できるだけ美しい本物を置きたいと思っています。

そんな時に、偶然アトリエの近くに引っ越してこられた方。
それが福田雲元工房
の福田雲元さんという仏師さんでした。

「職人」という言葉にとても弱い私達は、積極的に仲良くさせていただき(笑)。
今回、無理をお願いして、こんな素晴らしいものを作っていただきました。




これは、木で彫った仏様の手です。
施無畏印(せむいいん)という、仏様のいわばジェスチャーのような「印」を結んでおられる形です。
この印には「恐れを取り去る」という意味合いがあるそうです。

私は、昔から仏様の手の形が本当に美しいなと思っていて。
雲元さんとお話するにつれて
「仏様の手のような、美しい曲線のものを、ディスプレイに使いたい!」
と強く思うようになりました。

でも「お店のディスプレイに使いたいので、仏様の手を作ってください。」
というのはあまりにも罰当たりな気がして。
「雲元さんが、お仕事を通して思う一番美しい『手』の形を作ってもらえませんか?」
とお願いしました。
何度も作っている過程で、ご相談させていただき
雲元さんからしたら、それは大変なお客だったと思います(笑)。

この手は、1本の太い丸太を削り出して作ってあります。
ジュエリーでは、最後は目のとても細かい研磨剤で磨き上げるのですが
仏師さんが使われるのは、何百本というノミだけ。
光に当てながら面と面との境界線を丹念に削っていき、それを繰り返すことで
最後はツルツルになるのだそうです。
気の遠くなるような仕事量に、頭の下がる思いでした。



「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の作品達が、とても落ち着いて、楽しく手の上で遊んでいるように見えます。

私は出身がデザイナーなので、自分で作ることはもちろん好きなのですが
こういう能力の高い技術を見ると「他の何かに活かせないか?」という思いが湧き上がってきます。
こんな素敵なジュエリースタンドがあったら、お部屋の雰囲気が一気に落ち着くと思いました。

福田雲元工房さんの作品は、どれも完成度の高い素晴らしい作品です。
これからも、ちょくちょく雲元さんには無理な事をお願いしようと思っています(笑)。

2016.10.07

素敵なジュエリーの選び方

こんにちは。
この仕事をしていると、よく聞かれる事があります。

それは「素敵なジュエリー(石)を購入するにはどうすればいいですか?」ということ。
この「素敵な」にはいろいろな意味が込められていると思うのですが。
「自分に似合う」
「自分を高級に見せてくれる」
「自分に力をくれる・・・」

私はそのお客様個人個人に合ったお返事を、その都度探して言うようにしていますが
今日は、その中でもオーソドックスな考え方を書きたいと思います。
ちなみに今回の「素敵な」の意味の中には「資産価値のある」という意味は含まれていません。
この意味を入れると、また大きく選び方が変わってきますので。
それは、またの機会にお話ししたいと思います。

まずどうしても外せないのは予算。
ジュエリーは、買った後に必ず幸せを感じられるものでいてほしいと思っています。
なので、購入した後に「これは高すぎた・・・」という後悔で暗い気持ちになってしまうのでは本末転倒です。
そういう意味で、分割払いなどをしつこく勧めるお店では買わないでください。
「この石とお客様は、出会う運命だったのです」とか言われてもだめです(笑)。
運命かどうかはお客様が決めることであって、販売員がわかることではありません。

そして石について。
これは本当に難しくて・・・。
すごく抽象的な言い方になるのですが「自分が気に入った色味を選んでほしい」
これに尽きると思います。

例えばアメジスト。紫色のとても美しい石です。

アメジスト

この写真を見ていただくと、両方の石の色の違いが分かりやすいと思います。
通常こういった「色石」と呼ばれるものは「色の濃いほう」が値段は高いです。
でも、だからと言って、値段の高い方が素敵なジュエリーだとは限りません。
ジュエリーって、本当に不思議なものだと思うのですが。
値段に関係なく、気に入らないものはいつか必ず身につけなくなってしまうのです。
一番長く使える物が素敵なジュエリーだとするならば、それは自分が一番気に入ったものだということを、頭においてほしいなと思います。

ストロベリークォーツ

写真は、私が一目ぼれした「ストロベリークォーツ」という石です。
これは、サファイアなどと比べたら、値段はそこまで高くありません。
でも、最初にこの石を見た時、寝るまで頭から離れませんでした。
ジュエリーって、理性では計れない「本能」のようなところで欲しがるものだと感じました。

まず「人が勧めるもの」ではなく、「自分の心」で選んでみて下さい。
「これがほしい!!」と心から思えるものを探すということです。
残念ながら「似合う似合わない」は、いくつか購入しないと分からないかもしれません。
でも、失敗と成功を重ねれば、より自分に似合うものを見つけやすくなります。

時には、プロの意見を聞くことも参考にはなります。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」でも、そういうご相談は大歓迎です。
ジュエリーの知識や経験を元に、職人達と丁寧に応えさせていただきます。

ジュエリーや、石はとても長生きなものです。
大切に扱えば、一生付き合っていけるくらいの耐久性を持っています。
だからこそ時間をかけて、自分に一番似合うものをじっくりと
そしてしっかりと選んでいただきたいと思います。

2016.09.15

ピンクゴールド

こんにちは。
今日は「ピンクゴールド」について、お話をしたいと思います。

最近はすっかりジュエリー業界で定着しつつある「ピンクゴールド」。
その淡いピンクがかった金は、女性からとても人気がありますね。
巷で聞かれる「ローズゴールド」なども、「ピンクゴールド」の別名です。

そもそも、なぜ「ピンク色」なのか?
ピンクゴールドの色の正体は「銅」です。
金に銅の成分をたくさん混ぜると、あの淡いピンク色が出来上がります。
含まれる割合などは、企業によって違いますが、銅が主成分なのは、どの企業も変わりません。
割合が違うため、ブランドによって色が少しづつ違う場合があるのも「ピンクゴールド」ならではです。

私もピンクゴールドは大好きなのですが。
ピンクゴールドは、イエローゴールドよりも変色しやすいという弱点があります。
想像してください。
10円玉や、銅製のお鍋。
放っておくと茶色くなりますよね?
実はピンクゴールドにも、それと同じ現象が起こります。

誉ノ錺で販売しているピンクゴールドの指輪
誉ノ錺で販売しているピンクゴールドの指輪

 

よくお客様から「指輪を大切に保存していたら、変色してしまった」
とのお問い合わせがあります。
これは特に「ピンクゴールド」に起こりやすい現象です。
ピンクゴールドは、毎日身につけて洗ったり、少しタオルで拭いたりするだけで
表面の酸化膜が取れてくれます。

でも箱に入れて、大事に保管していた場合。
酸化膜が取れることがないので、どんどん濃い色に変わっていってしまうのです。
これが「ピンクゴールドは使っている方が美しさを保てる」と言われている由来です。

そして、10金や18金のピンクゴールドではなく
「ピンクゴールドメッキ」や「ピンクゴールドコーティング」と言われている商品達。
これらは残念ながら、変色すると直すことはほぼ無理になります。
きつく磨くと、中の地金が出てしまうし。
優しく拭いていても、あまり綺麗にはなってくれません。

誉ノ錺でピンクゴールドを使っているネックレス
誉ノ錺でピンクゴールドを使っているネックレス

ここでリフレッシュ加工の方法ですが、ジュエリーに石が付いているものは十分注意してください。
巷には「ジュエリー磨きの布」や「ジュエリーをつけると綺麗になる液体」など
様々な商品が販売されています。

でも、これらの大半は「金属を磨く(うすーーく汚れた表面を剥がす)」ものであって
「石を磨く」ものではありません。
ダイヤモンドやサファイアなど、硬度(石の硬さ)の高いものならさほど問題はないのですが
アメジストやガーネット、ペリドット、サンゴなどは
石の表面に細かい傷がついて曇ってしまうかもしれません。
特に真珠は、液体につけるのは控えてくださいね。

メッキや、コーティングでないピンクゴールドは、少し高額かもしれません。
でも、大切にメンテナンスをしていけば、末長く楽しませてくれるものだと思います。

ジュエリーなどの扱いで分からないことがあれば
どうぞ「誉ノ錺(ほまれノかざり)」までお問い合わせください。

2016.06.22

誉ノ錺(ほまれノかざり)HPリニューアル

こんにちは。ようやくここまでたどり着きました。「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のホームページをこの度リニューアルいたしました。

これまでは「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の世界観を、ホームページだけで表現していました。
それは実店舗が無かったからです。
でも、今年の4月に、実店舗をなんとかオープンさせることができました。
これを機会に「今よりも見やすくて、問い合わせをしやすいホームページに変更したい」
という気持ちが高まり。
今回、5ヶ月をかけてフルリニューアルさせていただきました。
新しい店舗も、ホームページも、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の思いを、余すところなく表現してくれています。


店舗は、この看板が目印です。 店舗は、この看板が目印です。

この場所で、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、これからも頑張っていきたいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。