カテゴリー: 店舗からのメッセージ

2017.10.31

誕生石シリーズ ー10月「オパール」ー

こんにちは。
今日は10月の誕生石「オパール」のお話です。

オパールの和名は「蛋白石(たんぱくせき)」と言います。
オパールはギリシア、ローマ時代に上層階級で特に愛されていた宝石でした。
当時はサンスクリット語で「upala(ウパラ)」と呼ばれていました。
これは「最上の宝石」という意味です。

当時の人達は、オパールがなぜ七色にキラキラと光るか解明できていませんでした。
そこでオパールの中に、赤・黄色・紫・青色など
様々な小さな宝石の粒が詰まっている特別な石だと考えられていたようです。
なるほど。それなら「ウパラ」と呼んでしまうのもうなづけますね。
私もそんな石があるなら欲しいです(笑)。

オパールが七色に美しく光るのは、この鉱物の持つ、独特な構造のためです。
「珪酸」という、見えないぐらいの小さな球が無数に集まっていて
それが三次元的に整然と積み重なると、光がその球の隙間を通過する時に
虹色に分かれて光ります。
球のサイズがばらばらだったり、積み重なり方が乱れていると光りません。
この七色の光がキラキラと光る様を「遊色効果」と言います。

遊色効果の美しいホワイトオパール

これがおなじみのオパール。
白の中に、様々な色が浮かびあがっています。

青と緑色の遊色効果

これはブラックオパールです。
青と緑の光が印象的ですね。

オレンジオパール

これはオレンジ色のオパール。 暖かい色味です。

そしてオパールの中には、七色に光らないものもあります。
光らないオパール全般は、「コモンオパール」と呼ばれていますが
遊色効果を持つ石よりは、宝石として扱われることは少ないようです。
個人的には美しい色のコモンオパールが沢山あるので、それはそれでとても好きなのですが。
市場価値は定まらないといったところでしょうか。

コモンオパールのオレンジ
コモンオパールのピンク
コモンオパールのイエロー
コモンオパールの緑

オパールには、合成石が多いことでも有名です。
中でも有名なのは、京セラが作った「京都オパール」です。
京セラには、進んだ宝石合成技術部門があり、こんな美しいものもできてしまいます。

合成オパールの色見本

※この画像は、京セラさんのサイトから引用させていただきました。

この技術のおかげで、遊色効果のある合成オパールを、安価で色々な製品に
組み込んだりも出来るようになりました。
今の時代、宝石も時間をかければ作れてしまうのです。
科学の進歩って、本当に凄まじいですね・・・。

さてオパールのお手入れ方法なのですが。
実は、オパールには様々な種類があります。
そして産出国やその種類によって、乾燥に弱かったり、水分を吸収して変色したりします。
一番良いのは、ご購入されたお店に持ち込むことですが
鑑別をとってみることもお勧めします。

天然のブラックオパールなどは、柔らかい布で拭いてもらっても構いません。
オーストラリア産のホワイトオパールは、ブラックオパールなどよりは水を
多めに含んでいますので、夏場の直射日光下や熱が極端にこもったり
乾燥がきついような場所には、長時間置かないでください。
あとは、柔らかい布で拭いたり水で優しく洗ってもらっても問題ありません。
ただし、超音波洗浄機は避けて下さいね。
オパールは「宝石」としてもですが「鉱物」として愛されている方達も多いです。
それは、一言で「オパール」と言っても、性質の全く違う石が多いという事です。
これを機会に、お持ちのオパールの素性を調べて見られるのも面白いのではないでしょうか?

※写真は「アサオ工芸」様より引用させていただきました。

2017.09.29

誕生石シリーズ ー9月「サファイア」ー

こんにちは。
今日は9月の誕生石「サファイア」のお話です。

サファイアの和名は「青玉(せいぎょく)」と言います。
7月の誕生石「紅玉」と対になるような名前です。
誕生石シリーズ ー7月「ルビー」ーでお話ししたように
ルビーとサファイアは同じ鉱物です。
鉱物の中に含まれている成分が少し違うだけで、こんなにも色が違うなんて
自然の力は計り知れませんね。

古代のペルシアでは、人間が住む大地はサファイアで出来ていて
大地に反射した太陽の光が、空の青さを作り出していると考えられていました。
すごい想像力です(笑)。
「サファイア」の語源は「青」を意味するラテン語の「sapphirus(サッピールス)」
ですがこの言葉は、以前ラピスラズリも指す言葉として用いられていたようです。

そんな「青色」を代表しているかのように扱われているサファイアですが
実は、様々な色のサファイアが存在しています。

そもそも「コランダム」という同じ鉱物であるサファイアとルビー。
「青」と「赤」という両極端の色を持つ鉱物ですから、多種多様な色があるのも頷ける話です。

ブルーサファイア

これは同じみのブルーサファイアです。
底の底までのぞき込めるような深い青色は、サファイアならではの美しさです。

オレンジサファイア

これはオレンジサファイア。緋色にも近いような不思議な色です。

グリーンサファイア

これはグリーンサファイアです。
この石は、少しだけ黄色が混じっている希少な石です。

パープルサファイア

これはパープルサファイア。紫色がアメジストのように濃いですが
反射光が鮮やかなのはさすがです。

ピンクサファイア

これはピンクサファイアです。パープルサファイアとはまた異なる明るいピンク色です。

ブラックスターサファイア

これはブラックスターサファイアです。石の表面にくっきりとスターが現れています。
男性用のジュエリーなどに使用すると、独特の華やかさを演出してくれるのではないでしょうか。

パパラチアサファイア

そしてこれが、パパラチアサファイアと呼ばれるものです。

サファイアの色には、特別希少とされている色が2種類あります。
1つは「コーンフラワー・ブルー(矢車菊の青)」と呼ばれる青色。
そしてもう1つは「パパラチア・ピンク(蓮の花のピンク)」と呼ばれるピンク色なのです。

上のピンクサファイアと比べて見てください。
ピンク色でもない、オレンジ色でもない、とても複雑な色味ですね。
「蓮の花」という表現がぴったりな気がします。
そんなパパラチアサファイアは、希少性が高く、大きな原石がなかなか産出されないことから
世界で最も高価なジェムストーンの1つともされています。
石好きの私としては、死ぬまでにひとつは欲しいなと思ってしまいます(笑)。

さて、サファイアのお手入れ方法ですが
ダイヤモンドの次に硬いこの石は、比較的お手入れが簡単です。
超音波洗浄にも耐えられるので、汚れてしまったら
購入されたお店にお持ちいただくのも良いかもしれません。

ご家庭でなら、泡立てた石けんの泡で包み
歯ブラシなどで優しく擦っていただくと汚れが浮き上がってきますので
よく水洗いして乾かせば、美しい輝きを取り戻してくれます。

ただ1つだけ気をつけていただきたいのは
目に見えるようなヒビや傷がある場合は、超音波洗浄や歯ブラシなどは避けて下さい。
どんな小さな衝撃でも、そのヒビが広がり割れてしまうとも限りませんので。

サファイアとマンダリンガーネットの指輪

写真は、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の作品
「サファイアとマンダリンガーネットの指輪」です。
中心の青い石も、その上下の黄色い石も、左右の薄い青色の石も、すべてサファイアを使用しています。

サファイアの青色を見ていると、何となく心がすっと落ち着くような気がします。
秋の夜長の、落ち着いた時間にぴったりな、美しい澄んだ青色です。

※写真の一部は「アサオ工芸」様より引用させていただきました。

2017.09.27

マリッジリングの修理とサイズ直し(女性用マリッジリング)

こんにちは。
今回は、前回コラムに書かせていただいた
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
の、女性バージョンのお話です。

修理をする前の指輪

これが、お客様の指にはまっていた指輪です。
拡大してみると、不思議なダイヤモンドの留め方・・(埋まり方?)
(珍しいデザインだなあ)と内心思いながら、サイズ直しを始めました。

以前にサイズ直しされた箇所を取り除く

こちらも、一度サイズ直しをされた箇所があったので、その部分を一旦取り除きます。

指輪に新たなプラチナをはめ込む

新しいプラチナの破片を、挟み込みます。
元々の指輪の断面と、破片の断面ができるだけぴったりくっつくように
ヤスリなどで調整します。

溶けたロウが切断面に流れ込んでいる

ロウ付けした後の写真です。
プラチナの破片の上にも、溶けた金属がのっているのが見えると思います。
指輪本体とプラチナが、これでぴっちりとついてくれました。
「ロウ付け」の詳しいお話は
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
を、どうぞご参照ください。

粗めのヤスリで、形を整える

余分な金属を、粗めのヤスリで削り落としたところです。

細かい研磨剤で磨いた指輪

細かい研磨剤をつけて、全体も含めて磨き上げました。
これでサイズ直しは無事に終わりです。

ここで、新たな事実が発覚しました。
コラムの冒頭で(珍しいデザインだなあ・・)と感じていたこの指輪。
職人に見せたところ
「元々は彫り留めで留めてあったものが、すり減っている」
ということが分かったのです。

彼曰く
「ダイヤモンドが留まっている左あたりに、小さなミルうちの跡らしきものが見えるから」
とのこと。
「ミル打ち」というのは
「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
にも登場しましたが、小さな丸いつぶつぶが連なっているようなデザインです。

正直、ここまで聞いてもなかなかピンとこなかった私(笑)。
職人さんの長年の勘を信じて、彫り留めを再現してもらうことにしました。

ダイヤモンドを指輪から外す

まずは、埋まっていたダイヤモンドを取り出します。
この指輪は裏がぬいてあって、少し薄い金属の上に石が留まっていました。
上からほじくり出すと、金属がさらに薄くなってしまい、破れてしまう可能性があります。
そこで、今回は、後ろからダイヤモンドを押し出しました。

固定してタガネで彫っていく

「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
でもやっていたように、固定してタガネで彫りを再現していきます。

3つのダイヤモンドが留まったところ

石を3つ無事に留められたところ。
確かに!ここまで再現してもらうと、元々のデザインが見えてきます。
かなり長い時間をかけて、すり減ったのでしょうね。
職人に指摘してもらわなければ、普通に磨いて終わるところでした(笑)。
「長年の経験」には完全に脱帽です。

最終磨きをして仕上げる

仕上げの磨きをしたところです。これで完成です。

真円も綺麗に出すことができました。

新品はきっとこんな感じだったのでしょうね。

二つの指輪の修理を無事終わらせてお客様に納品した後、こんな嬉しいメールをいただきました。


「35年間という年月を経て経年変化を起こし
かなり窮屈になってしまった指輪たち。

サイズ直しをお願いしたはずのすっかりすり減っていた指輪たちが
キラキラと輝きを取り戻し、新品のようになって戻ってきて感激です。

嬉しくて、お揃いのケースに収まった指輪で
夫と35年目の指輪交換もどきをして遊びました。
サイズもピッタリでした。

心を込めて直してくださった指輪を
これからもずっと大切に身につけていきます。
そしてさりげなく指輪に目をやっては幸せな気持ちになると思います。

本当にありがとうございました。」


ありがたいお言葉です・・・。
そして、本当に幸せな指輪達です。

プラチナやダイヤモンドの商品は、適切な修理や加工をすれば
このように、ほぼ新品に生まれ変わらせることができます。
「デザインは気に入ってるけど、だいぶ汚いし・・・」
というものは、是非一度近くの宝石店さんなどに持って行ってみてください。
もちろん「誉ノ錺(ほまれノかざり)」でも、随時受け付けております。
ご相談だけでも大歓迎です。

「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の作品も、これだけ長い間大事にしてもらえるような
唯一無二の作品を作り続けていきたいと思いました。
H様、素敵なお仕事をさせていただき本当にありがとうございました!

※このコラムは「マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)」
と対になっています。
どうぞ合わせてお読みください。

2017.09.20

マリッジリングの修理とサイズ直し(男性用マリッジリング)

こんにちは。
この前、あるお客様からマリッジリングのサイズ直しをオーダーいただきました。

それはお客様の旦那様のもので、形も少し歪み、傷も入っていました。
ふとお客様の手を見ると、お客様のマリッジリングも少しおつかれ気味・・・。
よくよくお聞きすると、サイズ直しは今までもしたことはあるが
直しながらも、35年間お使いいただいていたとのこと!!
なんて幸せな指輪達でしょうか(笑)。

そこで今回は、コラムを「男性用マリッジリング」と「女性用マリッジリング」に分けて
修理とサイズ直しの過程をご紹介していきたいと思います。
今回は、「男性用マリッジリング」の修理とサイズ直しです。

修理する前の指輪

アップで見てみると、全体に施してあった上下のミル打ちが消えかかっている箇所があります。
斜めに入った線模様も、ややバラついていますね。
ここが以前にサイズ直しをした箇所かも知れません。

火で全体を温める

プラチナは少し火であぶると、サイズ直しのために溶接(ロウ付けと言います)した箇所が
浮き上がってきます。
写真は、火であぶって浮き上がらせた部分。
よく見ると、後から足した箇所にヒビも入っています。

以前にはめ込まれていたプラチナを外す

まずはバーナーで温めて全体に火を回し、温度を上げて、後から足した金属を取り外します。

新しいプラチナをはめ込む

指輪の断面に合わせた、新たなプラチナの破片をはめ込みます。

ロウ付けをする

これが「ロウ付け」と呼ばれている貴金属での溶接の仕方です。
先ほどはめ込んだプラチナの破片と、指輪の間に
「ロウ」という融点の低い金属の破片を置いて、火で溶かします。

ロウが指輪とプラチナの隙間を埋めている

指輪と破片の間に、金属が流れ込んでいるのがわかりますか?
これでロウ付けは終了です。
ここから形を整えていきます。

粗いヤスリで形を整える

粗い目のヤスリで、大まかに形を整えたところです。

軽く全体を磨かれた指輪

細かい研磨剤で磨いたところ。
ここから、今度は指輪についていた模様を再現していきたいと思います。

指輪を固定して、模様を再現する

このように固定して、タガネというものを使って再現していきます。
「タガネ」は、金属を彫ったり模様をつけたりするのに使うものです。
写真のように手で押し付けたり、小さなハンマーで叩いたりもします。
この工程が終わったら、最後の仕上げの磨きに入ります。

模様が再現された指輪

完成です。
上下のミル打ち、斜めの線も、綺麗に再現することができました。

真円に戻った指輪

少し歪んでいた円も真円に戻りましたし、傷もありません。

プラチナの製品を修理していていつも思うのは、本当に長く使えるなあと言うこと。
やはり修理をしやすいという事が大きな理由の一つだと思います。
プラチナがマリッジリングに使われているのも、納得ですね。

このコラムは「マリッジリングの修理とサイズ直し(女性用マリッジリング)」に続きます。

2016.10.30

仏様の手の上で

こんにちは。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」では、お店に置くディスプレイも
できるだけ美しい本物を置きたいと思っています。

そんな時に、偶然アトリエの近くに引っ越してこられた方。
それが福田雲元工房
の福田雲元さんという仏師さんでした。

「職人」という言葉にとても弱い私達は、積極的に仲良くさせていただき(笑)。
今回、無理をお願いして、こんな素晴らしいものを作っていただきました。




これは、木で彫った仏様の手です。
施無畏印(せむいいん)という、仏様のいわばジェスチャーのような「印」を結んでおられる形です。
この印には「恐れを取り去る」という意味合いがあるそうです。

私は、昔から仏様の手の形が本当に美しいなと思っていて。
雲元さんとお話するにつれて
「仏様の手のような、美しい曲線のものを、ディスプレイに使いたい!」
と強く思うようになりました。

でも「お店のディスプレイに使いたいので、仏様の手を作ってください。」
というのはあまりにも罰当たりな気がして。
「雲元さんが、お仕事を通して思う一番美しい『手』の形を作ってもらえませんか?」
とお願いしました。
何度も作っている過程で、ご相談させていただき
雲元さんからしたら、それは大変なお客だったと思います(笑)。

この手は、1本の太い丸太を削り出して作ってあります。
ジュエリーでは、最後は目のとても細かい研磨剤で磨き上げるのですが
仏師さんが使われるのは、何百本というノミだけ。
光に当てながら面と面との境界線を丹念に削っていき、それを繰り返すことで
最後はツルツルになるのだそうです。
気の遠くなるような仕事量に、頭の下がる思いでした。



「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の作品達が、とても落ち着いて、楽しく手の上で遊んでいるように見えます。

私は出身がデザイナーなので、自分で作ることはもちろん好きなのですが
こういう能力の高い技術を見ると「他の何かに活かせないか?」という思いが湧き上がってきます。
こんな素敵なジュエリースタンドがあったら、お部屋の雰囲気が一気に落ち着くと思いました。

福田雲元工房さんの作品は、どれも完成度の高い素晴らしい作品です。
これからも、ちょくちょく雲元さんには無理な事をお願いしようと思っています(笑)。

2016.10.07

素敵なジュエリーの選び方

こんにちは。
この仕事をしていると、よく聞かれる事があります。

それは「素敵なジュエリー(石)を購入するにはどうすればいいですか?」ということ。
この「素敵な」にはいろいろな意味が込められていると思うのですが。
「自分に似合う」
「自分を高級に見せてくれる」
「自分に力をくれる・・・」

私はそのお客様個人個人に合ったお返事を、その都度探して言うようにしていますが
今日は、その中でもオーソドックスな考え方を書きたいと思います。
ちなみに今回の「素敵な」の意味の中には「資産価値のある」という意味は含まれていません。
この意味を入れると、また大きく選び方が変わってきますので。
それは、またの機会にお話ししたいと思います。

まずどうしても外せないのは予算。
ジュエリーは、買った後に必ず幸せを感じられるものでいてほしいと思っています。
なので、購入した後に「これは高すぎた・・・」という後悔で暗い気持ちになってしまうのでは本末転倒です。
そういう意味で、分割払いなどをしつこく勧めるお店では買わないでください。
「この石とお客様は、出会う運命だったのです」とか言われてもだめです(笑)。
運命かどうかはお客様が決めることであって、販売員がわかることではありません。

そして石について。
これは本当に難しくて・・・。
すごく抽象的な言い方になるのですが「自分が気に入った色味を選んでほしい」
これに尽きると思います。

例えばアメジスト。紫色のとても美しい石です。

アメジスト

この写真を見ていただくと、両方の石の色の違いが分かりやすいと思います。
通常こういった「色石」と呼ばれるものは「色の濃いほう」が値段は高いです。
でも、だからと言って、値段の高い方が素敵なジュエリーだとは限りません。
ジュエリーって、本当に不思議なものだと思うのですが。
値段に関係なく、気に入らないものはいつか必ず身につけなくなってしまうのです。
一番長く使える物が素敵なジュエリーだとするならば、それは自分が一番気に入ったものだということを、頭においてほしいなと思います。

ストロベリークォーツ

写真は、私が一目ぼれした「ストロベリークォーツ」という石です。
これは、サファイアなどと比べたら、値段はそこまで高くありません。
でも、最初にこの石を見た時、寝るまで頭から離れませんでした。
ジュエリーって、理性では計れない「本能」のようなところで欲しがるものだと感じました。

まず「人が勧めるもの」ではなく、「自分の心」で選んでみて下さい。
「これがほしい!!」と心から思えるものを探すということです。
残念ながら「似合う似合わない」は、いくつか購入しないと分からないかもしれません。
でも、失敗と成功を重ねれば、より自分に似合うものを見つけやすくなります。

時には、プロの意見を聞くことも参考にはなります。
「誉ノ錺(ほまれノかざり)」でも、そういうご相談は大歓迎です。
ジュエリーの知識や経験を元に、職人達と丁寧に応えさせていただきます。

ジュエリーや、石はとても長生きなものです。
大切に扱えば、一生付き合っていけるくらいの耐久性を持っています。
だからこそ時間をかけて、自分に一番似合うものをじっくりと
そしてしっかりと選んでいただきたいと思います。

2016.09.15

ピンクゴールド

こんにちは。
今日は「ピンクゴールド」について、お話をしたいと思います。

最近はすっかりジュエリー業界で定着しつつある「ピンクゴールド」。
その淡いピンクがかった金は、女性からとても人気がありますね。
巷で聞かれる「ローズゴールド」なども、「ピンクゴールド」の別名です。

そもそも、なぜ「ピンク色」なのか?
ピンクゴールドの色の正体は「銅」です。
金に銅の成分をたくさん混ぜると、あの淡いピンク色が出来上がります。
含まれる割合などは、企業によって違いますが、銅が主成分なのは、どの企業も変わりません。
割合が違うため、ブランドによって色が少しづつ違う場合があるのも「ピンクゴールド」ならではです。

私もピンクゴールドは大好きなのですが。
ピンクゴールドは、イエローゴールドよりも変色しやすいという弱点があります。
想像してください。
10円玉や、銅製のお鍋。
放っておくと茶色くなりますよね?
実はピンクゴールドにも、それと同じ現象が起こります。

誉ノ錺で販売しているピンクゴールドの指輪
誉ノ錺で販売しているピンクゴールドの指輪

 

よくお客様から「指輪を大切に保存していたら、変色してしまった」
とのお問い合わせがあります。
これは特に「ピンクゴールド」に起こりやすい現象です。
ピンクゴールドは、毎日身につけて洗ったり、少しタオルで拭いたりするだけで
表面の酸化膜が取れてくれます。

でも箱に入れて、大事に保管していた場合。
酸化膜が取れることがないので、どんどん濃い色に変わっていってしまうのです。
これが「ピンクゴールドは使っている方が美しさを保てる」と言われている由来です。

そして、10金や18金のピンクゴールドではなく
「ピンクゴールドメッキ」や「ピンクゴールドコーティング」と言われている商品達。
これらは残念ながら、変色すると直すことはほぼ無理になります。
きつく磨くと、中の地金が出てしまうし。
優しく拭いていても、あまり綺麗にはなってくれません。

誉ノ錺でピンクゴールドを使っているネックレス
誉ノ錺でピンクゴールドを使っているネックレス

ここでリフレッシュ加工の方法ですが、ジュエリーに石が付いているものは十分注意してください。
巷には「ジュエリー磨きの布」や「ジュエリーをつけると綺麗になる液体」など
様々な商品が販売されています。

でも、これらの大半は「金属を磨く(うすーーく汚れた表面を剥がす)」ものであって
「石を磨く」ものではありません。
ダイヤモンドやサファイアなど、硬度(石の硬さ)の高いものならさほど問題はないのですが
アメジストやガーネット、ペリドット、サンゴなどは
石の表面に細かい傷がついて曇ってしまうかもしれません。
特に真珠は、液体につけるのは控えてくださいね。

メッキや、コーティングでないピンクゴールドは、少し高額かもしれません。
でも、大切にメンテナンスをしていけば、末長く楽しませてくれるものだと思います。

ジュエリーなどの扱いで分からないことがあれば
どうぞ「誉ノ錺(ほまれノかざり)」までお問い合わせください。

2016.06.22

誉ノ錺(ほまれノかざり)HPリニューアル

こんにちは。ようやくここまでたどり着きました。「誉ノ錺(ほまれノかざり)」のホームページをこの度リニューアルいたしました。

これまでは「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の世界観を、ホームページだけで表現していました。
それは実店舗が無かったからです。
でも、今年の4月に、実店舗をなんとかオープンさせることができました。
これを機会に「今よりも見やすくて、問い合わせをしやすいホームページに変更したい」
という気持ちが高まり。
今回、5ヶ月をかけてフルリニューアルさせていただきました。
新しい店舗も、ホームページも、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」の思いを、余すところなく表現してくれています。


店舗は、この看板が目印です。 店舗は、この看板が目印です。

この場所で、「誉ノ錺(ほまれノかざり)」は、これからも頑張っていきたいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。